Menu
(0)

Search

『search/サーチ』続編が本格始動 ─ 監督が決定、新ストーリーで2021年春の撮影目指す

search/サーチ

全編PC画面の中で展開される画期的なアイデアで話題を呼んだサスペンス映画search/サーチ』(2018)の続編が本格始動だ。

『search/サーチ』続編企画については、1作目を生み出したアニーシュ・チャガンティ監督が2019年8月時点で存在を認めており、「1作目と同じキャラクターやあらすじを追うストーリーではありません」と伝えられていた。

Deadlineが新たに報じた続報によると、監督に新鋭のウィル・メリックとニック・ジョンソンが就任したという。共に監督デビューとなる。この度も、前作とは異なるストーリーになると伝えられているから、ジョン・チョーら前作キャスト再登場の見込みは薄いだろう。

プロデューサーにはティムール・ベクマンベトフら前作の製作陣が続投、チャガンティも加わる。メリックとジョンソンの監督コンビが脚本を執筆中で、2021年春の撮影開始を目標としているという。

『search/サーチ』は、行方不明になった娘を必死で捜索する父の姿を、PC画面を通じて描いた異色の構成が評価され、2018年のサンダンス映画祭では観客賞(NEXT 部門)に輝いた。「続編では、オリジナルとはまた違う斬新な視覚スタイルが求められます。このサブジャンルに、私は自分のできることで貢献しました。これをさらに発展させてくれるのが、ニックとウィルです」とチャガンティは寄せている。

チャガンティの言うように、続編では1作目を上回る様々なインパクトが求められることだろう。たとえばコロナ禍を経て定番化したリモート会議など、前作以降のデジタル・トレンドを取り入れることが予想される。新たな仕掛けはもちろん、先の読めないスリリングな展開にも引き続き期待したい。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly