Menu
(0)

Search

まさに革新「デジタル・ミステリー」登場! 映画『search/サーチ』主演ジョン・チョーのインタビュー映像が到着

search/サーチ

全編がすべてPCの画面上で展開していく革新的なアイデアと巧みなストーリーテリングで話題となり、サンダンス映画祭2018で観客賞を受賞した映画『search/サーチ』が2018年10月26日(金)に公開される。

この作品で、姿を消した女子高生マーゴットの行方を追う父親デビッドを演じるのが、映画『スター・トレック』シリーズのスールー役で知られるジョン・チョーだ。このたび公開に先がけて、ジョン・チョーの特別インタビュー映像が到着した。

ある日、16歳の女子高生マーゴットが忽然と姿を消した。行方不明事件として捜査が始まるが、家出なのか、誘拐なのかもわからないまま37時間が経過する。無事を信じる父親デビッド(ジョン・チョー)は、娘のパソコンにログインしてSNSにアクセスを試みる。インスタグラム、フェイスブック、ツイッター……そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで別人の、自分の知らない娘の姿だった。

“全編PC画面”という斬新なアイデアが特徴の本作について、ジョンは自身の演技について「試行錯誤の連続だった」と語る。「ウェブ用のカメラを使った撮影なので、空間をどう考えるかがポイントになりました。カメラに写る範囲を小さな劇場としてとらえ、どんなステージにするか悩みながら撮影したんです」。この革新的なストーリーテリングは、ジョン自身も初めて挑戦するものだったという。

search/サーチ

『search/サーチ』でメガホンを取ったのは、早くもハリウッドでの次回作が企画されている弱冠27歳の新鋭アニーシュ・チャガンティ。デバイスの中ですべてが展開する物語でありながら、ジョンは「テクノロジーを中心に据えるのではなく、人間を描くことを何よりも重視している」とその力量を絶賛。またアニーシュ監督は、デジタルの世界を忠実に描くことにこだわりを持っていたといい、ジョンによれば「デバイスを使って(人間が)文章を打つ時間も正確に再現されている」、「人が応答する時間なども現実に近い」ほか、監督は衣裳やセットに至るまで直接作業を行っていたという。

さらにジョンは、監督が本作を通じて「我々はどこまで自分のデバイスを理解し、子どもたちはそれを使って何をしているのか」を問いかけているのだと語る。「デジタル・ミステリーと呼べる作品ですね。たとえば50年前のミステリーなら、娘の写真を持って“この子を見たか?”と尋ね回るでしょう。でも今なら、まずはネットで検索する」

映画『search/サーチ』は2018年10月26日(金)より全国ロードショー。

『search/サーチ』公式サイト:http://www.search-movie.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly