Menu
(0)

Search

フェイスブック製作、『アベンジャーズ』エリザベス・オルセン主演ドラマの米予告編が公開 ─ 『スター・ウォーズ』ケリー・マリー・トランも

https://www.facebook.com/sorryforyourloss/videos/387593255107329/ 動画スクリーンショット

米Facebook製作、『アベンジャーズ』シリーズでスカーレット・ウィッチを演じるエリザベス・オルセンが主演・製作総指揮を務めるダーク・コメディドラマ「Sorry For Your Loss(原題)」の米国版予告編が到着した。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

予告映像で最初に映し出されるのは、エリザベス・オルセン演じるリー・ショウがカウンセリングに参加する様子だ。ある日突然に夫を亡くしたリーは、夫の死を乗り越えることができずに苦しみながら日々を過ごす。その後、自分の知らない夫の一面がたくさんあったことを知ったリーは、亡き夫を理解したい一心で調査を進めていくのだった……。

公式情報によると、本作は「絶望的であると同時に希望に溢れる」作品で、「しっかり者だが欠点のあるキャラクターが、誰もが避けて通れない、人生の変革期としての“死の悲しみ”に直面しつつ、人生の中で必死にユーモアを探そうとする」様子が描かれるという。「悲しみとは単に耐えるものでも、気合いで乗り越えるものでもなく、人間にとって重要な経験の一つだ」ということを教えてくれる物語になっているということだ。

また、本予告では『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)のケリー・マリー・トラン演じるリーの妹ジュールズ、「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」(2015-)や『世界一キライなあなたに』(2016)のジャネット・マクティア演じるリー&ジュールズの母親エイミー、「ゲットダウン」(2016-2017)のマモウドウ・アシー演じるリーの夫マットと、『フェンス』(2016)のジョヴァン・アデポの姿も確認できる。

本作の脚本を執筆し、ショーランナー(製作統括)を務めるのは、ドラマやグラフィック・ノベルなどボーダレスに活躍する新鋭キット・シュタインケルナーと、ドラマ「スイッチ ~運命のいたずら~」(2011-2017)のリジー・ウェイス。映画『ザ・サークル』(2017)を手がけ、ドラマ「マスター・オブ・ゼロ」(2015-)に参加したジェームズ・ポンソルトが第1話など複数エピソードで監督を担当。ウェイス、ポンソルトは製作総指揮も兼任する。

ドラマ「Sorry For Your Loss(原題)」は米Facebook Watchにて、1話30分の全10話構成で2018年9月18日より配信される。日本での配信情報も待たれるところだ。

Source: Deadline
Eyecatch Image: FaceBook 動画スクリーンショット

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly