Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『シャン・チー』主人公の母親役、イン・リーは本編で描かれた以上の力の持ち主だった

シャン・チー/テン・リングスの伝説
©Marvel Studios 2021

この記事には、『シャン・チー』のネタバレが含まれています。

最強ゆえに戦うことを禁じたヒーロー、シャン・チー(シム・リウ)を主人公にした本作。主人公の母親であるイン・リー(ファラ・チャン)には、ター・ローという伝説の村の守護者を務めていた過去がある。そこにウェンウー(トニー・レオン)が力を求めて現れたが、イン・リーは圧倒的な力で彼の前に立ちふさがった。しかし、ふたりは戦いの中で惹かれ合い、イン・リーはウェンウーと一緒になるため村を去ることになったのだ。その後は息子と娘を授かり、幸せな日々を過ごしていたイン・リーだったが、ある日、ウェンウーに恨みを持つ相手に殺されてしまう。

テン・リングスをもったウェンウーにさえ悠々と相手していた最強の守護者が、なぜ呆気なく劇中では殺されてしまったのか。その理由は、ター・ローを去る際に自身の力を封印してしまったからだ。つまり、本来の強さを発揮することは出来なかったのである。

The Directのインタビューにてファラ・チャンは、イン・リーのバックストーリーについて問われたところ、「イン・リーはター・ロー出身であり、ウェンウーと出会う前までそこで人生を過ごしてきました。そして彼女は最強の戦士であり、村の守護者です」と改めて説明。劇中で判明したこと以外は「詳しくは話せません」としながらも、「彼女は特別なのです」と続けている。「彼女が強いことは本作からも垣間見ることが出来たと思いますが、そこで観られた以上の力を彼女は持っています。私が言えるのはそれだけです」。

劇中では亡き人となってしまったイン・リー。しかしファラ・チャンが、「詳しくは話せません」としていることがどうも意味深にも聞こえるだろう。もしかしたら、今後何らかの形で再登場し、さらなる力を見せつけることになるのかも……?

Source: The Direct

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly