『インディ・ジョーンズ』第5作にシャイア・ラブーフ出演せず!役柄ごと登場なし、過去にはスピルバーグ批判も

ハリソン・フォード主演、スティーブン・スピルバーグ監督による『インディ・ジョーンズ』シリーズの第5作にシャイア・ラブーフが出演しないことがわかった。
2020年7月10日の米国公開がアナウンスされている本作は、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)以来12年ぶりの新作。『クリスタル・スカルの王国』に、シャイアは主人公インディアナ・ジョーンズの息子であるマット・ウィリアムズ役で出演していた。

シャイア・ラブーフ、役柄ごと最新作には登場せず

『インディ・ジョーンズ5(仮題)』の脚本を担当しているデヴィッド・コープ氏は、米エンターテインメント・ウィークリー誌に同作の製作状況をわずかに明かしている。

「私が言えることは、ハリソン(・フォード)がインディアナ・ジョーンズを演じること、それからシャイア・ラブーフの役柄が登場しないことです。」

前作『クリスタル・スカルの王国』にて、シャイア演じるマット・ウィリアムズには今後の展開がわずかに匂わされていた。しかし新作の脚本にマットの存在はなく、スティーブン・スピルバーグやハリソン・フォードはその内容に「ほとんど満足している」という。ちなみに撮影の開始時期は「ふたり次第」だが、「出演者が集まるならば(スピルバーグの)次回作になる」とのことだ。

もっともシャイア本人は、これまで『クリスタル・スカルの王国』について良いリアクションをしてこなかった。
2010年には自らとスティーブンの仕事ぶりが「失敗だった」と語り、のちにハリソンから「なんてバカなんだ。俳優には、自分自身が完全に納得しなくても作品をサポートする義務がある」と厳しい批判を受けている。2016年には、スティーブンについて「憧れていた人物じゃなかった。彼は仕事仲間ではあっても映画監督じゃないよ。スティーブンと一緒に作った映画は好きじゃないんだ、唯一好きなのは『トランスフォーマー』(2007)だけ」とすら発言しているのだ。一部の映画ファンは、こうした言動がスティーブンの逆鱗に触れたのではないかと推測している。

『インディ・ジョーンズ』第5作がどのようなストーリーになるのかは不明だが、デヴィッド氏によると、やはり何らかの「貴重な遺物」をめぐる物語になるようだ。シャイア演じるマットの不在について、本編で説明されることになるのかどうか……。

映画『インディ・ジョーンズ5(仮題)』は2020年7月10日に米国公開予定。

Sources: http://ew.com/movies/2017/09/04/indiana-jones-5-shia-labeouf-not-returning/
http://screenrant.com/indiana-jones-5-mutt-shia-labeouf/
http://variety.com/2016/film/news/shia-labeouf-drinking-steven-spielberg-american-honey-1201851776/
http://www.nme.com/news/film/harrison-ford-calls-shia-labeouf-a-fucking-idiot-f-877200
Eyecatch Image: Photo by DoD News ( https://www.flickr.com/photos/dodnewsfeatures/15408420168/ )(Department of Defense photo by Marvin Lynchard) / Remixed by THE RIVER

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。