Menu
(0)

Search

『シャイニング』舞台版、ベン・スティラーがジャック役として交渉中 ─ 2023年に英上演予定、イヴォ・ヴァン・ホーヴェが演出担当

ベン・スティラー
Photo by Neil Grabowsky https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ben_Stiller_May_2019.jp CC BY 3.0 | Porter Square Books https://www.youtube.com/watch?v=3UjQPXQ7TKU | Remixed by THE RIVER

スティーヴン・キングによるホラー小説の傑作、『シャイニング』の舞台版が現在進行中だ。この度、原作小説でも馴染み深いジャック・トランスとして、『ナイトミュージアム』『ズーランダー』シリーズや『LIFE!』(2013)などのベン・スティラーが出演交渉中であることがわかった。Deadlineが報じている。

小説『シャイニング』は、ジャック・トランスという元教師で今は小説家を目指している男を主人公とした恐怖物語。冬のあいだ雪で閉鎖されるオーバールック・ホテルにてジャックは、妻と息子と共に管理人を務めることになる。落ち着いた環境で執筆活動に専念できることに喜びを感じていたジャックだが、これまでの過去を支配人や妻から執拗に突きつけられてしまい、精神的に追い詰められていく。報道によると舞台版は映画版ではなく、このスティーヴン・キングによる原作を忠実に描く作品になるという。

スタンリー・キューブリック監督による映画版では、ジャック・ニコルソンが同役を怪演して話題となったが、本舞台版では、ベン・スティラーが候補に。コメディ作品の印象が強い俳優だが、ジャックが徐々に狂気へと蝕まわれていく姿をいかにして演じるのか、注目が集まる。

『シャイニング』の舞台版として演出を担当するのは、『ローマ悲劇集』『橋からの眺め』など現代における世界最高峰の演出家、イヴォ・ヴァン・ホーヴェ。また原作を翻案するサイモン・スティーブンスは、『夜中に犬に起こった奇妙な事件』などを手がけた逸材だ。

イギリス・ロンドンのウエスト・エンドにて2023年1月より上演が予定されている本舞台は、今秋にもリハーサルをスタートするという。なお最終的には、ブロードウェイへの移籍が計画されているとのことだ。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly