Menu
(0)

Search

日系アメリカ人脚本家、シオン・タケウチがNetflixと複数年契約 ― 新プロジェクトの企画に関与か

Netflix

「ザ・シンプソンズ」(1989-)のクリエイターが手がけるアニメ「魔法が解けて」(2018-)を執筆した、日系アメリカ人脚本家のシオン・タケウチがNetflixと複数年契約を結んだことが明らかになった。タケウチはNetflixにて新プロジェクトを手がけると見られている。米Deadlineが報じた。

1988年生まれのシオン・タケウチは、ピクサー制作の映画『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013)と『インサイド・ヘッド』(2015)でアニメーション部門に所属したのち、アニメシリーズ「レギュラーSHOW〜コリない2人〜」(2010-2017)や「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」(2012-2016)、「Lost in Oz(原題)」(2015-)、「魔法が解けて」に脚本家として携わってきた。「レギュラーSHOW〜コリない2人〜」では2011年にプライムタイム・エミー賞にノミネートされている。

このたびの米Deadlineの報道に関し、タケウチはTwitterを通し「秘密が漏れちゃった!みんなに絶対明かせないプロジェクトを製作中だということをやっと明かせますね」と、ユーモアを交えながら事実だと認めた。

ちなみに、NetflixオリジナルコンテンツのVPシンディー・ホランドは以前米Deadlineのインタビューにて、契約を結ぶクリエイターを見つける際、新しい才能を発掘することにも意欲的だと語っていた。「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」(2005-)のションダ・ライムズや「Glee/グリー」(2009-2015)のライアン・マーフィーといったトップクリエイターがNetflixと契約を結ぶ中、タケウチの契約は大抜擢と言えよう。

アジア系俳優による映画『クレイジー・リッチ!』(2018年9月28日日本公開)の米国でのスマッシュヒット、そして今回報じられたシオン・タケウチのNetflixとの契約は、アジア系クリエイターがハリウッドで活躍の場を広げていることを改めて実感させる。今後、タケウチの名前を作品のクレジットで見る機会が増えることだろう。今のうちから名前を覚えておきたい…!

Sources: Deadline (1,2), Television Academy

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly