Menu
(0)

Search

『エルヴィス』出演のションカ・ドゥクレ、44歳で死去 ─ 米ナッシュビルの自宅で発見

エルヴィス
© Warner Bros. 写真:ゼータイメージ

バズ・ラーマン監督最新作『エルヴィス』(2022)で実在の歌手ビッグ・ママ・ソーントンを演じたションカ・ドゥクレが死去したことが分かった。44歳だった

Deadlineによって入手された現地警察の発表によると、現地時間2022年7月21日木曜日、米テネシー州ナッシュビルにある自宅の寝室でドゥクレが亡くなっていることが子どもによって発見された。母親に反応が無いことを察した子どもは近所の大人に助けを求め、警察・救急に電話をかけたという。

死因は分かっていない。米The Hollywood Reporterによると、他殺の可能性は考えられておらず、現在は検視が行われているという。なお、ドゥクレは亡くなる3日前にInstagramを更新していた。

1977年、ノース・カロライナ州出身のドゥクレは、音楽の聖地ナッシュビルにある大学・大学院を卒業後に歌手としてのキャリアをスタート。大学時代に演劇を専攻しており、俳優としても活動していた。

直近では2022年4月にコーチェラ・フェスティバルでドージャ・キャットと共にステージに上がり、パフォーマンスを披露。同年6月下旬にプレミアを迎えた映画『エルヴィス』では、R&B歌手のビッグ・ママ・ソーントン役を演じるなど、活躍が続いていた矢先の訃報となった。

ご冥福をお祈りします。

Source: Deadline,THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly