Menu
(0)

Search

『バットマン・デスメタル:ダーケストナイト』『ロキ:地球に落ちて来た神』『スーペリア・フォーズ・オブ・スパイダーマン:悪人(ヴィラン)には友多し』発売【邦訳アメコミ最新情報】

ShoPro Books(小学館集英社プロダクション)より、2021年12月発売の邦訳アメコミラインナップが到着だ。今月は、『バットマン・デスメタル』の重要エピソードをまとめた日本オリジナル編集版『バットマン・デスメタル:ダーケストナイト』(DC)、ロキ待望の単独作『ロキ:地球に落ちて来た神』、シリーズ圧巻の完結編『スーペリア・フォーズ・オブ・スパイダーマン:悪人(ヴィラン)には友多し』が発売される。

『バットマン・デスメタル:ダーケストナイト』(DC)

DCの超大型イベントのすべてが明かされる!『バットマン・デスメタル』の重要エピソードをまとめた日本オリジナル編集版が登場。

DCユニバースの今後を左右する壮大なスケールで繰り広げられた一大イベント「デスメタル」は、本編『バットマン・デスメタル』の出版に合わせて、数多くのタイイン作品が刊行された。本作『バットマン・デスメタル:ダーケストナイト』は、そのタイイン作品の中からストーリーの対局に関わる重要エピソードのみを選りすぐった日本オリジナル編集作品。

本編『バットマン・デスメタル』に登場し、表題にもなっている「ダーケストナイト(最暗の騎士)」の誕生を描いた短編や、邪悪な子供の姿をした別次元のブルース・ウェイン「ロビンキング」の誕生を描いた短編、三世代のフラッシュの時空を超えた共演など、注目のエピソードが目白押しだ。

”悪のバットマン”たちはどのように生まれたのか?変わり果てたDCユニバースの全貌とは?そして、集結するまでヒーローたちは何をしていたのか?壮大な『デスメタル』の世界を読み解くため、欠かせないエピソードが満載の短編集。ぜひ『バットマン・デスメタル』とあわせてお楽しみあれ。2021年12月16日頃発売。

『ロキ:地球に落ちて来た神』(MARVEL)

MCUドラマでも話題沸騰!おなじみの大人気キャラクター「ロキ」の単独誌がついに登場。

本作『ロキ:地球に落ちて来た神』は、2019年に刊行された『Loki (2019)』#1-5とプロローグにあたる『WAR OF THE REALMS: OMEGA (2019)』#1をまとめた作品。

本作の刊行前に繰り広げられた一大イベント「ウォー・オブ・レルムス」で、ロキはフロスト・ジャイアントによるニューヨーク侵攻を食い止めた救世主となり、その功績によってヨトゥンヘイムの玉座につくことになった。しかし、玉座についても、地球にやってきては騒ぎを起こすトラブルメーカーぶりは相変わらず。

兄であるソーに王としての責務を問われたロキは、なんとアイアンマンことトニー・スタークに助言を求めることに。はたして、そこから巻き起こる騒動の行方は……? 目が離せないトリックスター、ロキの魅力が満載の一冊。2021年12月16日頃発売。

『スーペリア・フォーズ・オブ・スパイダーマン:悪人(ヴィラン)には友多し』(MARVEL)

最後に笑うのは誰だ?爆笑ドタバタ犯罪コメディ「スーペリア・フォーズ・スパイダーマン」シリーズ、ついに完結!

これまでのシリーズ『スーペリア・フォーズ・オブ・スパイダーマン:嘘つきは泥棒(ヴィラン)のはじまり』と『スーペリア・フォーズ・オブ・スパイダーマン:盗人(ヴィラン)にも三分の理』では行き当たりばったりで敵にも味方にも嘘をつき、自分が助かるためにガールフレンドすら見捨て、ひたすら周囲の人間を裏切り続けた男、ブーメラン。

彼の仲間であるショッカーは、本人が望んでいないにもかかわらず、ギャングが血眼になって探すお宝“シルバーメインの首”を偶然手に入れてしまった。そのお宝を巡って、血で血を洗うギャング戦争が勃発……。誰が死に、誰が生き残り、誰が最後に笑うのか?

なにを言ってもネタバレになってしまうので多くは語れないが、張り巡らされた伏線が一気に回収され、びっくりするような仕掛けが満載の最終巻は、圧巻の一言。華やかなヒーローの活躍の陰で、B級ヴィランとしてさえない日々を送る彼らの人生にも間違いなく価値はある、そう思わせられるラストに、心を動かされずにはいられないはずだ。

有名ヒーローはほぼ登場しない作品ながら、近年まれにみる「傑作」との呼び声も高い『スーペリア・フォーズ・オブ・スパイダーマン』全3巻、ぜひご一読あれ。2021年12月16日頃発売。

さらに、3冊購入者を対象にした日本だけのオリジナルポスタープレゼント企画も実施予定。詳しくは本書に付属する応募はがきをチェック。

2021年12月マーベルコミックス電子配信タイトル

12月は下記の既刊11タイトル、新刊2タイトルが電子配信される。

既刊タイトル

  • X-MEN ウルヴァリン:オリジン
  • アルティメッツ
  • アルティメッツ2
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:プレリュード
  • アベンジャーズ:プレリュード
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン:プレリュード
  • アントマン:プレリュード
  • アイアンマン3:プレリュード
  • IRON MAN:アイ・アム・アイアンマン
  • アイアンマン:エンター・ザ・マンダリン
  • ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト

新刊タイトル

  • ロキ:地球に落ちて来た神
  • スーペリア・フォーズ・オブ・スパイダーマン:悪人(ヴィラン)には友多し
前月のラインナップ

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly