Menu
(0)

Search

『モービウス』『ドクター・ストレンジ』『オールニュー・キャプテン・アメリカ』ほか注目タイトル発売【邦訳アメコミ最新情報】

バットマンズ・グレイブ』(DC)

事件に深入りするほどに、彼は死に近づいていく……。ゴッサムシティの守護者にして、世界最高の探偵でもあるバットマンを重厚なストーリーで描き出す話題作がついに登場。

『バットマンの墓』という不穏なタイトルを掲げる本作は、DCユニバースの正史からは独立した世界観で描かれる読み切り作品。普段は、ゴッサムの守護者としてヴィランと闘いを繰り広げる「ヒーロー」としての印象が強いバットマンだが、本作では犯罪現場に赴き、プロファイリングを重ねながら事件の真相に迫るバットマンの「探偵」としての側面が色濃く描かれる。

本作のブルース・ウェインは、綿密なプロファイリングで犠牲者になりきり、自分自身でその死を追体験することによって事件の真相に迫る。だが、繰り返し犠牲者の死を体験することによって、ブルースが少しずつ彼自身の命を削っていることに、執事であるアルフレッドだけが気づいていた。

事件に深く入り込むほどに、自分自身の死に近づいていくバットマン。安アパートの一室で起こった殺人から、事件は次第に混迷を極めていく。真相へと向かうバットマンが行きつく先は自らの墓場なのか……?

『アルティメッツ』などで知られる実力派アーティスト、ブライアン・ヒッチによる、擬音を一切使わない迫力満点のアクションシーンも必見。映画作品で見られるようなダークでハードボイルドなバットマンが好きな方には特におすすめしたい、読み応えのある一冊だ。

モービウス』(MARVEL)

2022年公開予定マーベル最新映画『モービウス』。スパイダーマンシリーズの異色ヴィランによる単独主演作がついに登場だ。

2022年にソニー・ピクチャーズ配給により公開が予定されているマーベル最新映画『モービウス』。いったいどういうキャラクターなの?と気になっている方も多いのでは。

モービウスは、1971年10月の『アメイジング・スパイダーマン』#101にてスパイダーマンの敵対者として初登場したヴィラン。もともとはノーベル賞を受賞するほどの優秀な生物学者だったモービウスだが、難病の血液疾患に長年苦しめられ、吸血コウモリの血清と電気ショックによる治療を試みた結果、疑似吸血鬼と化してしまう。いわゆる「吸血鬼(バンパイア)」とは異なり、科学的な処置によって、あくまで人間として、生きたまま吸血鬼に似た性質を獲得したので、「リビング・バンパイア(生ける吸血鬼)」と称されている。

人間の血液に対する渇望に常に苦しめられ、理性を失っては凶暴化するモービウスだが、望むことはただ一つ「人間に戻りたい」ということ。

2019年11月から2020年3月にかけて刊行された本作『モービウス』では、悪党から盗んだ粗悪な薬品により、モービウスは人間に戻るどころか、さらなる血液への欲求にさいなまれることに……。

スパイダーマンの力を借りて、なんとか理性を取り戻すモービウスだが、そこへモービウスへの復讐を誓い、バンパイア・ハンターとなった幼馴染のエリザベスが現れ……?はたしてモービウスは血塗られた運命に打ち勝ち、己の魂を取り戻せるのか? 映画公開前にぜひコミックスでお楽しみあれ。

https://books.shopro.co.jp/?contents=9784796878357

ドクター・ストレンジ:ゴッド・オブ・マジック』(MARVEL)

世界を守る至高魔術師(ソーサラー・スプリーム)その名はもちろん……ロキ?鬼才ドニー・ケイツによる奇想天外な物語が登場だ。

本作は2017年11月から2018年2月にかけて刊行された『ドクター・ストレンジ』#381-385を収録した作品。脚本を手掛けるドニー・ケイツはいまや現在のマーベルを代表するライターの一人とされる実力派ライター。本作と、ほぼ同時期に手がけた『サノス・ウィンズ』の二作が、その大胆な着想で話題を呼び、一躍人気ライターの仲間入りを果たすきっかけとなった。アーティストのガブリエル・ヘルナンデス・ウォルタは、アイズナー賞受賞作『ヴィジョン』などでその名を知られている。

そんな話題の本作、『ドクター・ストレンジ』誌でありながら、冒頭、至高魔術師(ソーサラー・スプリーム)として登場するのは、なんと……ロキ!

ドクター・ストレンジの邸宅に住み、ドクター・ストレンジのマントをはおり、至高魔術師を名乗るロキ。かつての至高魔術師ドクター・ストレンジに、一体なにが起こったのか? ロキが探し求めている謎の呪文“シンスーンの放逐”とは何なのか?あまりに危険で強力とされるその呪文の隠し場所をめぐり、ドクター・ストレンジとロキの対決が幕を開ける。はたして二人の対決の行方は?鬼才ドニー・ケイツによる奇想天外な物語をどうぞお楽しみいただきたい。

『オールニュー・キャプテン・アメリカ:ヒドラの逆襲』(MARVEL)

スティーブの意志を継ぎ、新キャプテン・アメリカとなったサム・ウィルソン!MCUドラマでも話題のキャラクターの単独誌がついに登場。

本作は2015年1月から6月にかけて刊行された『オールニュー・キャプテン・アメリカ』#1-6を収録した作品。2013年1月から連載が開始した『キャプテン・アメリカ:キャストアウェイ・イン・ディメンションZ』シリーズを受けて、スティーブ・ロジャースからキャプテン・アメリカの称号とそのシンボルであるシールドを継承したサム・ウィルソンの活躍を描いている。

そもそもサム・ウィルソンはキャプテン・アメリカのサイドキックとして1969年に初登場し、ファルコンとして、アベンジャーズをはじめさまざまなヒーローチームにも参加してきた。本作では、そのサム・ウィルソンのルーツを語り直し、新生キャプテン・アメリカとしての彼の新たな魅力を描く。

そんな新生キャプテン・アメリカの前に立ちはだかるのは、おなじみの宿敵バロン・ジモ。さらに、スティーブ・ロジャースに息子のように育てられたノマッド、私立探偵として活躍するミスティ・ナイトも登場し、ヒドラの残党が企てる恐ろしい陰謀を阻止するための闘いに挑む。

新生キャプテン・アメリカことサム・ウィルソンのルーツを現代的に語り直し、新たな物語の始まりを描く、まさに「オールニュー」にふさわしい一冊だ。

『ハウス・オブ・X/パワーズ・オブ・X』(MARVEL)

X-MENたちミュータントの運命を、過去と現在と未来、いくつもの時間軸から語り継ぐ、マーベル史上最大規模のSF作品がついに日本上陸。

X-MENファンのみなさま、お待たせしました!近年のマーベルコミックスのなかで最も話題になったといっても過言ではないあの超大作の日本語版がついに登場。超大作にふさわしいケース入りの装丁でお届け。

本作は、2019年9月から12月にかけて、『ハウス・オブ・X』と『パワーズ・オブ・X』という並行して全6話で連載された二つのシリーズをまとめたものだ。この二つのシリーズは表裏一体の関係にあり、あわせて読むことで一つの長大な物語になるという仕掛けになっている。

本作の脚本を手掛けたジョナサン・ヒックマンは、一つの重要な設定改変を加えることで、60年近いX-MENの世界を根底から覆すと同時に、これまでのすべての歴史を内包した新たな物語を作り上げた。

X-MENの世界を「10のn乗」経過ごとに語るという壮大な試みによって描かれる本作は、異なる時間軸の出来事が並行して語られたり、エピソードの間に新しい概念や用語の謎めいた資料が挟み込まれるなど、少々読み込むのに骨が折れる作品かもしれない。しかし、それらの要素はすべて最終的には回収され、壮大なクライマックスへと導かれていく。

X-MENのこれまでの歴史を知っている人にとってはもちろん、これまでの歴史をリブートしたといえる本作は、X-MENを知らない人にとっても存分に楽しめるエンターテインメント作品となっている。(しかも日本語版には翻訳者の高木亮氏による詳しいX-MENの歴史解説付き!)

何度やり直そうと、人類によって滅ぼされてしまうミュータントたちの運命……。100年、1000年後の未来で、機械や新人類との戦いを乗り越えた先に見つかる、生存のための真実とは?

本作『ハウス・オブ・X/パワーズ・オブ・X』は、すでに電子書籍版で単話版が先行配信中。エピソード1の電子書籍版は各電子書籍ストアにて0円で販売中。まずはエピソード1を読んで、この壮大な物語を体験してみよう。

2022年1月マーベルコミックス電子配信タイトル

1月は下記の新刊4タイトルを電子配信。

  • モービウス
  • ドクター・ストレンジ:ゴッド・オブ・マジック
  • オールニュー・キャプテン・アメリカ:ヒドラの逆襲
  • ハウス・オブ・X/パワーズ・オブ・X
前月のラインナップ

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly