Menu
(0)

Search

『JLA/JSA:欲望と希望の狂宴』発売 ─ ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカとジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカが集合

ShoPro(小学館集英社プロダクション)より、DC邦訳アメコミの新刊『JLA/JSA:欲望と希望の狂宴』が2022年5月26日頃発売となる。

新旧ヒーローチームが大集合!感謝祭を機に、一堂に介したJLAとJSAに世界を巻き込む大事件が降りかかる。

DCユニバースには、二つの新旧ヒーローチームが存在する。一つは、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンらおなじみのヒーローたちが所属するジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ(通称JLA)。そしてもう一つが、1940年代に誕生した、DCユニバースの元祖ヒーローチーム、ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(通称JSA)だ。

「JSAってはるか昔のヒーローチームでしょ?いまさらどうして?」と感じるアメコミファンの方もいるかもしれないが、実はこのJSA、『DCユニバース:リバース』から最近の『ドゥームズデイ・クロック』に至る一連のDCのメインストーリーの中で再び脚光を浴び、近年の実写作品でもちょくちょく登場してきている、要注目のヒーローチームなのだ。

2022年10月公開予定の映画『ブラックアダム』でも、JSAのメンバーからホークマン、Dr.フェイト、サイクロン、アトム・スマッシャーが登場することが予告編でほのめかされ、話題になっていた。

本作『JLA/JSA:欲望と希望の狂宴』は、そんなJSAとJLAが感謝祭を機に初の公式会合を行うことになり、一堂に介するところから始まる。その会合のさなか、地球では不穏な事件が発生。JLA&JSAによって騒動はすぐに鎮圧されたが、自分の意思ではなく何者かに取り憑かれたかのようなDr. ベッドラムの言動に彼らは不信感を抱く。そしてその不可解な現象は、なんとJLAとJSAたちの身にも……。

何者かに取り憑かれたかのように、突如同じヒーロー同士で争い始めたJLAとJSA。事件の背後には、封印された七つの大罪を世界に解放しようと目論むヴィランの存在があった。はたして二つのチームは世界を危機から救うことができるのか?

本編『JLA/JSA:ヴァーチュー&ヴァイス』と、騒動から1年後の感謝祭を描いた後日談『JLA/JSA:ヴァーチュー、ヴァイス&パンプキン』の2編を収録したJLAとJSA共演の豪華オールスター作品となっている。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly