Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』プロデューサー、ショークワイア部顧問の活躍描く実話青春映画を製作 ─ スピルバーグの製作会社とタッグ

Photo by Elijah Ekdahl on Unsplash

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)などでプロデューサーを務めたジョビー・ハロルドが、ショークワイア部での高校教師の活躍を題材にした実話に基づく映画(タイトル不明)を手がけることがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

ショークワイアとは、ダンスと合唱を組み合わせたパフォーマンスのこと。本作は、米ニューヨークにあるユニオンデール高校に勤務する教師リネット・カーヒックスと、リネットが顧問を務めるショークワイア部Rhythm of the Knightを基にした物語となる。2010年に同部の顧問に着任したリネットは、それまでの伝統的な合唱団のチームを変え、絶賛されるショークワイアを築きあげるために、たゆまぬ指導を続けた。

Rhythm of the Knightは、多くが経済的に困難な状況にある家庭の生徒たちのために、生活に必要な基盤を与え、支援してきた。リネット自身も、衣装から食料、学用品までを生徒のために金銭的に賄ってきたという。そんなリネットに対して、生徒は“ママ”と呼ぶほど厚い信頼を寄せている。Rhythm of the Knightは2018年に開催された全米ショークワイア決勝大会で、黒人・ラテンアメリカ系を含んだチームとして初の大賞を獲得。卒業して大学へと巣立ったメンバーたちと共に、リネットとRhythm of the Knightの感動的な物語は、教師と生徒両方にとって人生を変えるものになったという。

本作の製作には、スティーブン・スピルバーグらにより設立されたアンブリン・パートナーズが参加。ハロルドのほかプロデューサーには、『フッド:ザ・ビギニング』(2018)のトーリー・タネルが就任している。監督やキャスト、あらすじについては不明だ。続報に期待しよう。

ジョビー・ハロルド、脚本家としても活躍

Source: The Hollywood Reporter

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly