Menu
(0)

Search

元レイシストの苦悩と贖罪、『SKIN/スキン』公開決定 ─ 『ロケットマン』ジェイミー・ベル主演、アカデミー賞受賞の短編を長編化

SKIN/スキン
© 2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

『ファンタスティック・フォー』(2015)『ロケットマン』(2019)のジェイミー・ベル主演、2019年アカデミー賞で短編映画賞に輝いた同名映画を基に製作された長編映画SKIN/スキンが2020年5月9日(土)より新宿シネマカリテにて全国順次公開される。

物語の主人公は、白人至上主義者に育てられ、憎悪と暴力に満ちた生活を送っていたブライオン。スキンヘッドに差別主義者を象徴する無数のタトゥーを刻んだブライアンは、シングルマザーのジュリーと出会い、自分の悪行を悔い、新たな人生を始めようと決意する。しかし脱会を許さない元同志たちからは執拗な脅迫と暴力を受け、ジュリーたちにもその矛先は向き始める……。2003年に米国で発足したスキンヘッド集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者、ブライオン・ワイドナーの実話を基とする物語だ。

SKIN/スキン
© 2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

イスラエル出身でユダヤ人の新鋭、ガイ・ナティーヴ監督は、憎悪の円環から脱け出そうとする元レイシストの男を主人公に、レイシズムの非道、人間の再生の軌跡、そして社会の寛容を鮮烈に描き出す。ブライオン・ワイドナーを追ったドキュメンタリー番組「Erasing Hate」(2011)をきっかけに、この実話の映画化に関心を抱いたナティーヴ監督は、長編製作の出資を得るべく、人種差別を題材にした短編『SKIN』を製作。これが2019年のアカデミー賞で短編映画賞を受賞したことから、物語や設定を一新した長編の製作に取りかかった。

暴力と憎悪の渦から脱け出そうとする主人公ブライオン役は、『リトル・ダンサー』(2000)や『ファンタスティック・フォー』、『ロケットマン』のジェイミー・ベル。短編版『SKIN』にも出演した『パティ・ケイク$』(2017)のダニエル・マクドナルドがジュリー役を演じる。2018年のトロント映画祭で高い評価を受け、北米ではA24が配給。ジェイミー・ベルによる演技や、人種差別問題をテーマにしながら未来への希望を描いた監督の手腕に大きな称賛が集まった。

『SKIN/スキン』ギャラリー

画『SKIN/スキン』は2020年5月9日(土)より新宿シネマカリテにて全国順次公開

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly