Menu
(0)

Search

そのピザ屋、地獄の扉 ― チャンス・ザ・ラッパー主演のホラー・コメディ『Slice』米国版予告編が公開される

https://www.youtube.com/watch?v=i5LUKX97bNA 動画サムネイル

2018年夏、都市型音楽フェス「SUMMER SONIC 2018」で待望の初来日を果たした最注目のラッパー、チャンス・ザ・ラッパーが主演を務める映画『Slice(原題)』の米国版予告編が公開された。
チャンスは本作が映画初出演にして主演作品、しかもジャンルはホラー・コメディ。製作は『ムーンライト』(2016)や『レディ・バード』(2017)などを手がけたA24が担当する。

『Slice』でチャンスとともに主演を務めるのは、『デッドプール2』(2018)のドミノ役で世界中に名前を知らしめたザジー・ビーツ。チャンス&ザジーは、とある小さな町の宅配ピザ屋の配達員役を演じる。その町では配達員が仕事中に殺害される事件が続いており、二人は謎を解くために動き出すのだ。しかし町には幽霊や悪魔、狼男が現れ、怪奇現象も起こり始める。どうやら町のピザ屋こそ、地獄へと繋がる扉だったらしい…?

異色のキャスティングに予測不可能な設定を併せ持つ本作を生み出したのは、チャンス・ザ・ラッパーのミュージックビデオ“Sunday Candy”、“Angels”、“Juice”などを手がけてきたオースティン・ヴェスリー。長編映画の脚本・監督は本作が初めてとなる。
なおチャンスとザジーのほかには、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)スティーブ役のジョー・ケアリー、俳優・声優として活躍するクリス・パーネルらも出演する。

ちなみに本作は2016年にシカゴで撮影されながらも、劇場公開までに少々長い時間を要してきた一本だ。企画が発表されたのは2016年10月、特報映像は1年後の2017年10月に公開されたのである。それからさらに1年近くが経過しようとする2018年8月、とうとう予告編が公開されたというわけだ。いよいよお披露目の時は近い…!?

映画『Slice(原題)』は2018年米国公開予定。どうか日本でも劇場公開を!

Sources: A24, IW
Eyecatch Image: A24 動画サムネイル

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly