Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』『ジュラシック・ワールド』新作、米レーティングが判明

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

日本の2022年を盛り上げるハリウッド映画2作、スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』と『ジュラシック・ワールド:ドミニオン(原題)』の米レーティングが判明した。アメリカ映画協会によって発表された。

まず、2022年1月7日(金)に日本公開を迎える『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、PG-13指定に決定。これまでの歴代『スパイダーマン』シリーズは一貫してPG-13指定であったため、本作の判定も妥当だろう。

なお判定の理由は、前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)が「SFアクションの暴力性、幾つかの言葉遣い、わずかに挑発的な表現のため」とされていたのに対し、『ノー・ウェイ・ホーム』は「アクション/暴力のシークエンス、幾つかの言葉遣い、わずかに挑発的な表現のため」とさほど変わっていない。

続いて2022年夏公開の『ジュラシック・ワールド:ドミニオン』も、『スパイダーマン』同様にPG-13指定となった。『ジュラシック・ワールド』シリーズも『ジュラシック・パーク』から継続してPG-13指定だ。理由は「激しいアクションシークエンスや、一部の暴力、表現のため」と記されている。

なお、2021年最後を飾るハリウッド大作の1つとして12月17日に日本公開を迎える『マトリックス』シリーズの最新作『マトリックス レザレクションズ』は、アメリカでR指定と判定済み。全世界興行成績におけるR指定作品の歴代記録で3位の座にある『マトリックス リローデッド』(2003)、さらにはトップ2の『ジョーカー』(2019)『デッドプール2』(2018)を上回ることができるか、注目が集まる。

あわせて読みたい

Source: FilmRatings.com(1,2

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly