Menu
(0)

Search

『マトリックス レザレクションズ』米国でR指定に ─ 「暴力と複数の言葉づかいのため」、前3作に続く決定

マトリックス レザレクションズ
©2021 WARNER BROS. ALL RIGHTS RESERVED

キアヌ・リーブス主演『マトリックス』シリーズの最新作マトリックス レザレクションズ』が本国アメリカでR指定となることがわかった。アメリカ映画協会MPAによって発表された。

『レザレクションズ』のR指定決定は、『マトリックス』3部作に続くもの。アメリカ映画協会によれば、R指定の理由は「暴力と複数の言葉づかいのため」だという。

シリーズ第2作『マトリックス リローデッド』(2003)は、全世界興行成績におけるR指定作品の歴代記録で、2018年に『デッドプール2』に抜かれるまでトップの座を保持していた。その後、『デッドプール2』の記録を『ジョーカー』(2019)が上回り、『マトリックス リローデッド』は歴代3位に位置している(本記事掲載時点)。

『マトリックス』といえば、仮想空間内で変幻自在に繰り広げられるアクションや銃撃戦が魅力のひとつ。『レザレクションズ』がR指定を受けたことは、18年ぶりに蘇るシリーズ最新作でも、これまでの伝統が受け継がれているということでもある。

『レザレクションズ』には、ネオ/トーマス・アンダーソン役のキアヌ・リーブスをはじめ、トリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット・スミスらが続投。ローレンス・フィッシュバーンが演じたモーフィアス役には、『アクアマン』(2018)などのヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ヒューゴ・ウィーヴィングが演じたエージェント・スミス役には「マインドハンター」のジョナサン・グロフが起用されている。

ほか共演に、ニール・パトリック・ハリスやクリスティーナ・リッチ、ジェシカ・ヘンウィック、プリヤンカー・チョープラーら。監督・脚本は、3部作から続投でラナ・ウォシャウスキー。脚本には『クラウド アトラス』(2012)原作者のデイヴィッド・ミッチェルと作家アレクサンダル・ヘモンが参加している。

『マトリックス レザレクションズ』は2021年12月17日(金)全国公開。

Source:filmrating.com

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly