Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:スパイダーバース』アカデミー賞授賞式に収まらなかったスタン・リーへの謝辞があった

スパイダーマン:スパイダーバース
SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE

アカデミー賞の授賞式では、オスカー像を手にした者にひとつの試練が与えられる。それは、受賞者スピーチを90秒に収めなければならないというもの。必ずしも守られるわけではないルールだが、授賞式はそれほどタイトなスケジュールで進行している。時にはスピーチが終わっていなくとも、容赦なく退場のBGMが鳴り響くのだ。

第91回(2019年)アカデミー賞において、これが最大の壁となったのが、長編アニメーション賞を受賞した『スパイダーマン:スパイダーバース』だ。ステージ上では製作総指揮のフィル・ロード&クリス・ミラー、監督のボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマンの5名がスピーチを行ったが、残念ながら、最後に話し始めたボブの言葉はBGMにまぎれてほぼ聞こえなかった。

しかしボブ監督は、この“放送されなかったスピーチ”で、「スパイダーマンの生みの親」である二人、2018年11月にこの世を去ったスタン・リーと、同じく2018年6月に死去したアーティストのスティーブ・ディッコへの謝辞を述べていたという。

壇上でのスピーチでは、最初にクリスがアカデミーやソニー・ピクチャーズ、映画に携わったキャスト&スタッフへの感謝を表明。つづいてフィルは、「子どもたちがこの映画を観て、“まるで僕みたいだ”とか、“私たちみたいにスペイン語を話してる”とか言ってくれていると聞いたとき、僕たちは成功したんだと思いました」と述べた。

ピーター監督は観客に感謝を述べ、「とにかく、みなさんに知ってほしかったんです。みなさんは力強い存在で、この世界にはみなさんが必要なんだと。僕たちのみんなが、みなさんのひとりひとりを頼りにしているんです」と語った。またロドニー監督は、「スタッフの全員を代表して、全員の家族に感謝を言いたいと思います。この映画を作る4年間、僕たちと一緒にいてくださったみなさんに。この映画はみなさんのものです」と話している。

残念ながら授賞式の中継ではスピーチの声が届かなかったものの、ボブ監督は、スパイダーマンを生んだ偉大なるクリエイターへの感謝を述べていたという。「スタン・リーとスティーブ・ディッコに感謝します。この映画すべてに影響を与えてくださり、そして、人は誰でもヒーローになれるということを信じさせてくれたお二人に」

IndieWireによれば、ボブ監督は舞台裏のインタビューでもスタン&スティーブの影響を口にしていたようだ。

「(スタン&スティーブの影響は)製作の最初からあったものです。フィルとクリスがトリートメント(物語の要約)をまとめてくれた時から、そのメッセージは描きがいのあるものでした。この映画は、観客に自分たちを信じろ、自分たちの隣人を信じろ、ポジティブであれ、世界を変えろと訴えかけています。導く者であれ、勇敢であれと。その精神は、スタン・リーとスティーブ・ディッコに由来するものです。

なお今回の授賞式では、追悼コーナーにてスタン・リーの名前と映像も登場している。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月1日(金)・2日(土)・3日(日) IMAX先行上映。2019年3月8日(金)より全国ロードショー

『スパイダーマン:スパイダーバース』公式サイト:http://www.spider-verse.jp/site/

Source: Oscar, IW

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly