Menu
(0)

Search

アカデミー賞『女王陛下のお気に入り』監督、次回作で「悪夢の犯罪小説」映画化 ─ 保安官の暴力と笑いに満ちた日常描く

女王陛下のお気に入り
(C)2018 Twentieth Century Fox

第91回アカデミー賞で主演女優賞(オリヴィア・コールマン)を受賞するなど、数々の映画賞に輝く話題作女王陛下のお気に入りを手がけたヨルゴス・ランティモス監督が、次回作として、“暗黒犯罪小説”の名作を映画化することがわかった。米Deadlineが報じている。

このたび報じられたところによると、ランティモス監督の次回作は『ポップ1280(邦題未定、原題:Pop. 1280)』。海外ミステリファンの間で絶大なる人気を誇る作家ジム・トンプスンが1964年に発表した犯罪小説だ。田舎町の保安官ニックの一人称で進行するこの作品は、人口(ポップ)1280人の田舎町で、ニックが暴力と笑い、性、殺人に満ちた日常を過ごしていく様子が描かれる。“日常”である、決して非日常ではない……。

ランティモス監督は、本作で監督・脚本・製作を兼任する予定。『籠の中の乙女』(2009)や『ロブスター』(2015)、『聖なる鹿殺し』(2017)、『女王陛下のお気に入り』に続く監督第5作となり、『ロブスター』以降のプロデューサーであるアンドリュー・ロウ&エド・ギニーとは4度目のタッグを組む。

原作者ジム・トンプスンによる小説は、過去に『ゲッタウェイ』が1972年・1994年に映画化されているほか、同じく長編映画作品には『アフター・ダーク』(1990)、『グリフターズ/詐欺師たち』(1990)がある。『ポップ1280』が映画化されるのも、1981年のフランス映画『Coup de Torchon(原題)』に続いて今回が2度目だ。

なお、ランティモス監督にとって『ポップ1280』は長年の愛読作品だったとのこと。監督の過去作品を観るかぎり、きっと“イヤな感じ”の映画に仕上げてくれることだろう。企画の優先順位は非常に高い状態にあると報じられているだけに、遠からず続報が到着することにも期待したい。

ヨルゴス・ランティモス監督最新作『女王陛下のお気に入り』は2019年2月15日より全国の映画館にて公開中。

『女王陛下のお気に入り』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/Joouheika/

『女王陛下のお気に入り』出演者が監督を語る

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly