Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:スパイダーバース』続編、前作完成前から始動していた ─ 『シャン・チー』脚本家、現在も改稿中

スパイダーマン:スパイダーバース
(c) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (c) & ™ 2019 MARVEL.

アニメーション映画スパイダーマン:スパイダーバース(2018)は、第91回アカデミー賞で長編アニメ映画賞に輝くなど、コミック映画でも屈指の高評価を受けた一作。2022年公開予定の続編には、それゆえ前作以上のハードルが課せられることになるだろう。もっとも製作陣は、前作が完成する以前から続編の脚本を練っていたそうで……。

製作のフィル・ロード&クリス・ミラーとともに続編の脚本を執筆するのは、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)のデイヴ・キャラハム。米The Hollywood Reporterでは、『スパイダーバース』続編に参加することになったきっかけと現在の製作状況を明かしている。発端は、デイヴが『スパイダーバース』の制作現場を訪れた際、フィル&クリスから“続編のアイデアが欲しい”と求められたことだった。

「(フィル&クリスから)スパイダーマンのアニメ映画を作っている、という話を聞いたんです。前作を作っているところだったので、どんなルックの作品になるのかは彼らにも言えなかった。だから、僕の方から“見に行くよ”と。簡単なスケッチが動くようなアニマティクス(映像コンテ)で、仮の声はありましたが、アニメーションのスタイルはありませんでしたね。映画の核は感じ取れましたが、あんなにすさまじい作品になるとは想像できませんでした。それから、いくつかアートを見せてもらって、二人を信頼したし、特別なものを作ろうとしているんだと思いました。“オーケー”と言ったら、“よし、続編のアイデアを出してもらえませんか”と言われて。」

デイヴは「前作が公開される1年前のことで、続編の作業としてはすごく変な滑り出しだった」と振り返っている。やむを得ないことだが、「自分が何をしているのか、前作が公開されるまでは外部の誰にもわからなかった」のだ。その後『スパイダーバース』は高い評価を受け、アカデミー賞を受賞。これを受けて、続編の製作は「ちょっとだけ軌道が変わった」という。

スパイダーマン:スパイダーバース

『スパイダーバース』続編はただいま製作の真っ只中にあるが、どうやら脚本チームの仕事はまだ終わっていないらしい。「今も作業は続いていて、フィル&クリスと一緒に書いているところ。時には三人で、時には一人で、また時には二人で。その時に動ける人が書くんです。[中略]映画の公開まで書き続けていると思う」とはデイヴの談。前作もギリギリまで脚本の改稿が続けられていたが、続編でもそのスタイルは変わらないらしい。

「フィルとクリスは許されるかぎり調整を続けます。二人は、“映画は常によりよいものにできる”という考え方の持ち主だから。僕はアニメを二本しかやっていないし、どちらも二人の作品[編注:もう一本は『アメリカ THE MOVIE』(2021)]。たぶん普通のやり方ではないと思うけれど、どちらもすごく長期間の作業で、脚本を書いてからいろいろ調整するし、同時にアートを見せてもらうし、彼らも挑戦する。脚本を進化させる作業に終わりはない、という感じです。」

こうしたスタイルは、デイヴにとっても大きなメリットがあったそうだ。続編の初稿をデイヴが執筆していたのは、ちょうどフィル&クリスが前作の仕上げにかかりきりになっていた頃のこと。「もちろん全力を尽くしたけれど、二人のスタイルは真似られない。今は二人の書き方を見られて本当にうれしいし、最高の出来だと思います」。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』続編(タイトル未定)は2022年10月7日に米国公開予定。監督は『ソウルフル・ワールド』(2020)のケンプ・パワーズ、前作美術監督のジャスティン・K・トンプソン、「ヴォルトロン」(2016-)のホアキン・ドス・サントスが務める。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly