DCドラマ『ヤング・スーパーマン』と『スーパーナチュラル』奇跡のクロスオーバーが構想されていた

『ARROW』『フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』『スーパーガール』。現在のDCドラマはいずれも圧倒的な好調ぶりを見せており、ここに『ゴッサム』や『Lucifer(原題)』も加わった今こそDCドラマの黄金時代と断言してもいいほどです。

しかし以前にも、DCには大人気の長編ドラマがありました。まだメトロポリスに上京する前、スモールヴィルで暮らしていた頃のクラーク・ケントを描いた『ヤング・スーパーマン』です。シーズン10まで続いて完結した伝説的ドラマですが、実はこの作品に、DCユニバースの枠組みすら越えたクロスオーバーの可能性があったことが明らかになりました。

『ヤング・スーパーマン』(原題『SMALLVILLE』) http://collider.com/best-smallville-episodes-ranked/

『ヤング・スーパーマン』(原題『SMALLVILLE』)
http://collider.com/best-smallville-episodes-ranked/

『ヤング・スーパーマン』がクロスオーバーするかもしれなかった作品とは『スーパーナチュラル』。ディーン&サム・ウィンチェスター兄弟が超常現象ハンターとして旅をする作品で、こちらも12シーズンという大人気の長編ドラマです(現在も継続中)。

かつて『スーパーナチュラル』でプロダクションアシスタントを務めていたジャクソン・ステュワートは、同作でスーパーマンに関係する多くのエピソードを構想していたと語っています。その中には、スーパーマンを演じた俳優が悲運の死を遂げるという“スーパーマンの呪い”をウィンチェスター兄弟が追うというストーリーもあったようです。そして、そのエピソードには『ヤング・スーパーマン』でクラーク・ケント役を演じたトム・ウェリングが、次なる呪いの標的として出演する予定だったといいます。

しかしこのエピソード。予想以上にメタなネタですし、そもそも“スーパーマンの呪い”は、映画『スーパーマン・リターンズ』にて主演したブランドン・ラウスが、『ARROW』に登場する名ヒーロー、レイ・パーマー/アトム役で高評価を受けたことから否定されたも同然です。もしラウス扮するレイ・パーマーが死よりも辛い事態に直面したとしても、それはドラマの中の出来事なのでノーカウントでしょう。

『ARROW』より アトム(ブランドン・ラウス) https://www.scifinow.co.uk/news/legends-of-tomorrow-brandon-routh-talks-atoms-role/

『ARROW』より アトム(ブランドン・ラウス)
https://www.scifinow.co.uk/news/legends-of-tomorrow-brandon-routh-talks-atoms-role/

もっとも『スーパーナチュラル』は過去にもメタ要素を含むストーリーを取り扱っており、物語の幅が非常に広いことでも知られています。また、DCコミックスもこれまでにDCユニバース外とのクロスオーバーを数多く仕掛けてきました。グリーンランタンとスター・トレック、グリーンランタンとエイリアン、バットマンとジャッジ・ドレッド、バットマンとミュータント・ニンジャ・タートルズ、フラッシュとスクービー・ドゥー、など……。

もしも将来的に、DCドラマ初となる“ユニバース外とのクロスオーバー”が実現したとして、それがメタなネタにせよ、作品同士のクロスオーバーにせよ、夢のある話です。ひとつでも前例ができればコミック『ブースターゴールド』とドラマ『ドクター・フー』なんてクロスオーバーもありえるかもしれません。

参考url: https://www.comicbookmovie.com/superman_movies/smallville/supernatural-once-came-really-close-to-crossing-over-a147274
Eyexatch Image: http://smallville.wikia.com/wiki/File:Season_10_poster_1.png
& http://www.supernaturalwiki.com/index.php?title=File:Supernatural_S4_Poster_04.jpg?(remixed by THE RIVER)

About the author

ライター、翻訳の小村健人です。アメコミは主にスーパーマン、フラッシュ、アクアマン、ブースターゴールド、ジャスティスリーグ、バットマンとそのファミリー誌を主に追っており、原書の知識もあります。カートゥーン、洋ドラも視聴。アメコミ記事を描くことが多いですが、何分まだ若輩者ですので知識に穴があるようでしたらコメント欄でお知らせいただけると幸いです(できればどのアークに収録されているかも教えていただければさらに幸いです)。

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。