Menu
(0)

Search

【東京コミコン2016】杉山すぴ豊さんスペシャルトーク レポート【2017年はワンダー・ウーマンとローガンに注目しよう!】

東京コミコン 杉山すぴ豊さん トークセッション レポート

2016年12月2日(金)〜4日(日)、幕張メッセにて『東京コミコン2016』が開催、大盛況のうちに幕を閉じた。

会場内に設けられたメインステージでは、期間中さまざまなイベントやトークショウが開催され、多くの著名人やセレブリティが登壇。詰めかけた観客は、この貴重な機会を見逃すまいと熱心に聞き入っていた。

今回は、2日目となる12月3日(土)午前10時20分より開催された、『SCREEN presents 杉山すぴ豊 スペシャルトーク(提供:SCREEN ㈱近代映画社)』のレポートをお届けしよう。


杉山さんと言えば、日本を代表するアメコミ・アメキャラ系ライター。長年、日本におけるアメコミ伝道師として様々な活動をされている。(THE RIVER編集長も、先日スペシャル対談をさせていただき、記事は大きな反響を呼んだ。)

「アメコミ映画はコンテンツの中心になってきています。アメリカの有名経済誌が”OUR HERO”と題して”アメリカの経済を支えるのはヒーローだ”と特集を組むくらいの現象になっています。」

tcc-supi-2

スクリーンには全米における映画の歴代興行収入トップ50の作品の一部タイトルがズラリと紹介される。ほとんどがコミコンでフューチャーされるようなアメコミ映画、スター・ウォーズ作品ばかりだ。アメコミなどのポップカルチャー作品がいかに世界的なムーブメントになっているかがよくわかる。

「これはアメリカだけの現象ではありません。マーベルに関しては2008年の『アイアンマン』から2016年の『キャプテン・アメリカ / シビル・ウォー』までの全世界興行収入は1兆円なんです。映画の収益だけで1兆円です。みなさんきっとアメコミグッズとかにお金を使っていると思うんですが、その収益がこういうお金になっているんですね。だからみなさんは投資家みたいなもんですよ。」

2017年も多くのアメコミ映画が封切られるが、このステージでは中でも杉山さんが注目する2つの作品を掘り下げて解説された。一作目が『ワンダー・ウーマン』、二作目が『ローガン』だ。

『ワンダー・ウーマン』

ステージでは、大画面で『ワンダー・ウーマン』日本語字幕付きの最新フッテージ映像が上映された。

杉山さんは、大画面・大音量で、大迫力の予告編を観終えたばかりの熱気がフワつく会場に再登場しこう解説する。

「この予告映像の凄い所は、銃弾が飛んでくる時にダイアナ(=ワンダー・ウーマン)が(飛んでくる銃弾が一体何なのか)わからないという描写。彼女は銃を見たことがないんですね。その彼女が銃(=近代技術)に立ち向かっていくという構成になっているのが凄く良いです。

ワンダー・ウーマン誕生秘話

今年で生誕75周年を迎える、長い歴史を持つワンダー・ウーマン。ステージでは、彼女の辿った歴史が紐解かれていく。

「ワンダー・ウーマンは、1941年にウィリアム・モールトン・マーストンという人が生み出しました。この人、実はコミックライターじゃないんです。当時のDCコミックは、コミックを充実させるために、外から色々なブレーンを集めていました。」

このウィリアムの正体は、なんと『嘘発見器』を発明した心理学者だ。

「ワンダー・ウーマンの武器に、”ラッソー”という黄金のムチがあるんですけど、あれって悪人を縛り上げると悪人が自白するっていう力を持っているんです。彼の嘘発見器の発明から来ているんです。」

こうして、ワンダー・ウーマンは今まで男性中心だったスーパーヒーローの世界に初めての女性ヒーローとして登場したのだ。

ワンダー・ウーマン映像化の歴史

「ワンダー・ウーマンが初めて映像化されたのは、実写ではなく1973年の”スーパーフレンズ”という子供向けアニメでのことでした。これはジャスティス・リーグを子供向けにしたアニメで、ここで初めて動くワンダー・ウーマンが出てきたわけです。」

その後も何度か映像化されたワンダー・ウーマンだったが、実写として登場したのは1976年のテレビドラマでのタイミング。日本では『空飛ぶ鉄腕美女ワンダー・ウーマン』という邦題で放送され、さらにその後『紅い旋風!ワンダーウーマン』という邦題で放送されたものは、由美かおるさんが吹き替えを務めていたそうだ。

「そして生誕75周年の2016年、『バットマン vs スーパーマン:ジャスティスの誕生』で映画デビューを果たし、来年(2017年)単独映画になるというわけです。」

ところで、なぜ1976年のテレビドラマの邦題が『空飛ぶ鉄腕美女』と謳われていたのか。ワンダー・ウーマンは空を飛べないはずだが…。その理由を杉山さんはこう解説する。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly