Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告編の女性エージェントはマリア・ヒル ─ 女優コビー・スマルダーズが認める

https://www.instagram.com/p/BsrB-1sHn8P/ スクリーンショット

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の特報映像に映っている女性エージェントの正体が、『アベンジャーズ』シリーズや『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)で活躍したS.H.I.E.L.D.エージェント、マリア・ヒルであることがわかった。マリア役の女優コビー・スマルダーズが認めている。

問題の人物は日本版特報映像の1分6秒ごろに姿を見せる。岩石のクリーチャーを目前にして、金髪の女性エージェントがニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)と並んで銃を構えているのだ。

マリア・ヒルのヘアスタイル、なぜ変わった?

今回の特報映像では、この女性エージェントは背後からの姿しか確認できなかった。この人物の正体については“ニック・フューリーの隣にいる以上マリア・ヒルではないか”との予想が有力だったものの、金髪のポニーテールというヘアスタイルはマリア・ヒルの従来のイメージとは大きく異なる。したがって一部ファンの間では、新たなエージェントが登場するとの予測もなされていたのだ。

こうした経緯を知ってか知らずか、このたびコビーは問題のシーンを添えて速報映像の公開を告知していた。

わたし!わたしです!断言します
そっちじゃなくて!……そう、左側にいる人…いやモンスターじゃなくて…ポニーテールの方です。予告編が今日公開されました。」

それにしても、なぜマリア・ヒルのスタイルは一新されているのだろうか。

やはり気にかかるのは、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日公開)の時系列の関係である。『インフィニティ・ウォー』にて、マリア・ヒルは従来のイメージに忠実な姿で登場していた。もし本作の時系列が『インフィニティ・ウォー』以前ならば、マリア・ヒルは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)から『インフィニティ・ウォー』までの一定期間、なぜか見た目を大きく変えていたことになる。それともやはり、本作は『エンドゲーム』以降の物語なのだろうか?

ちなみに特報映像の公開にあたっては、ミシェル役のゼンデイヤもメイキング写真とともにInstagramに告知を投稿している。スパイダーマンにつかまって高所から降りてくるミシェル…なのだが、表情は完全にゼンデイヤその人である。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mood til July 5th…

Zendayaさん(@zendaya)がシェアした投稿 –

特報映像の徹底解説はこちらから

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年7月5日に米国公開予定

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly