Menu
(0)

Search

【解説】『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告編を徹底考察 ─ 時系列、新スーツ、ミステリオとエレメンタルズ

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

2019年1月15日、映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の特報映像が公開された。このたびお披露目となったのは、米国版とインターナショナル版の2種類だ。

本記事では、それぞれ異なるシーンが含まれる今回の映像をくまなく解説していくとともに、まだ誰も知らない『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日公開)以降のマーベル・シネマティック・ユニバースを考察・予測していきたい。

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)および『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のネタバレが含まれています。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告編

米国版予告編

日本版予告編

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』物語と時系列

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、かつて『ファー・フロム・ホーム』のストーリーについて、“ピーター・パーカーが夏休みにヨーロッパへ遊びに行く話”だと語っていた。今回の予告編は、まさにそうした趣向を前面に押し出したつくり。トム・ホランド演じるピーター、ゼンデイヤ演じるミシェル、ジェイコブ・バタロン演じるネッド、トニー・レヴォロリ演じるフラッシュといった前作の顔ぶれが再集結し、ヨーロッパへと繰り出していく。

また先に記しておけば、今回の映像では、『ファー・フロム・ホーム』のストーリーが『アベンジャーズ/エンドゲーム』の内容とどういった関係にあるのかを判断することはできない
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のクライマックスでピーター・パーカー/スパイダーマンは塵と消えてしまい、本作に登場するニック・フューリーもそれは同じである。もし本作の時系列が『エンドゲーム』以降なら二人は復活することになるが、『インフィニティ・ウォー』以前が舞台ならば、そうした展開は一切関係ないことになる。プロデューサーのエイミー・パスカル氏は、本作が『エンドゲーム』直後から始まることを以前明かしていたが、もはや、その発言をすんなり信じてしまってよいものか…?

ピーター・パーカー、旅行にスーツは必要?

ピーター・パーカーご一行が本作で向かうのは、イギリス・ロンドン、イタリア・ベネチア、チェコ・プラハを巡る2週間のヨーロッパ旅行。2種類の映像では、それぞれ異なるシーンからピーターのヨーロッパ行きが示される。

まずは米国版特報映像をチェックしてみよう。ヨーロッパへのスクール・トリップのため、ピーターは前作『ホームカミング』に登場したおじさんの店で道具を揃え、荷造りをする。スパイダーマンのスーツを旅先に持っていくべきかどうか……ピーターは一瞬悩んで、「ヨーロッパに“親愛なる隣人、スパイダーマン”はいらないよね」とクローゼットの扉を閉める。

かたや日本版特報映像では、空港での手荷物検査でカバンからスパイダーマンのスーツが登場。「忘れ物よ!」というメイおばさんのメモが添えられているあたり、ちゃっかりスーツは持っていくことになったようだ。ちなみに出国のために問題となったのはバナナだった模様。

実は、この短いシーンにはふたつのイースターエッグが存在する。ピーターのパスポートに記されている誕生日は8月10日だが、これはコミックの世界にスパイダーマンが初登場した、1962年刊行「Amazing Fantasy #15」の発行日と同じ日付。かたやコミックでピーターのフルネームは「ピーター・ベンジャミン・パーカー」だが、映画ではミドルネームが削除されて「ピーター・パーカー」となっていることも特筆しておきたい。

さらに米国版特報映像の46秒目でピーターがカバンを閉じると、そこには「BFP」の文字が確認できる。ミドルネームは不明だが、これはベンおじさんことベン・パーカーのイニシャルと考えてよさそうだ。マーベル・シネマティック・ユニバースでは、過去に繰り返し描かれてきたベンおじさんのエピソードを示唆する程度にとどめているが、こうした細部に痕跡が残されているのである。

メイおばさんとハッピー・ホーガン

少し話題を横にそらして、先に米国版特報映像のみに含まれているシーンをチェックしておこう。

米国版予告編は、ホームレスの支援にスパイダーマン(ピーター)とメイおばさんが参加している場面から幕を開ける。『ホームカミング』のラストシーンでメイおばさんはピーターのスーツ姿を目撃していたが、やはりメイおばさんには「ピーター=スパイダーマン」であることが知られている状況、それどころか二人は協力関係にあるようだ。

そこに登場するのが、トニー・スタークの運転手であるハッピー・ホーガン。狭い入り口を通ってくる際に持っている小切手のパネルには、「スターク救済財団」共同創設者・会長のペッパー・ポッツによるサインがなされている。ハッピーがメイおばさんに「新しいドレスだね」と声をかけると、メイは「そう、どうしてわかったの?」と答える。返事に窮したハッピーに、ピーターは「どうかした?」と一言。今回はハッピーとメイの関係性も描かれることになる…かもしれない。

ピーター、ニック・フューリーと出会う

ともあれ一行はヨーロッパ旅行を満喫、ピーターはミシェルとの心の距離を少しずつ縮めていくことにも成功するようだ。しかし、そんな時間は長くは続かなかった。ホテルの部屋でネッドの首に矢が刺さり、驚いたピーターが振り返ると、そこにはニック・フューリーが座っている。ピーターの反応からすれば、おそらくピーターとニックはこれが初対面なのだろう。もし本作が『アベンジャーズ/エンドゲーム』以降のストーリーなら、経緯はさておき『エンドゲーム』で二人は出会わないことになるが……。

「着替えろ、出番だぞ」。ニックに導かれるまま、ピーターはスーツに着替えてヨーロッパの街へと繰り出す。ニックが操縦するボートに乗ってピーターはどこへ向かうのか、ニックが佇んでいる高層ビルはどこなのか。破壊されたロンドンのタワー・ブリッジを目指してスパイダーマンが飛ぶシーンも収められている。
ところで一連のシーンでピーターが着用しているスーツは、『ホームカミング』や『インフィニティ・ウォー』でピーターが着用していたものとは異なるデザインだ。カバンに入っていたものとは別の種類だと思われるが、どうやって手に入れたのか?

ちなみに米国版特報映像には、矢を打ち込まれて仰向けに倒れ、眠ってしまったネッドを気遣って、ピーターが「このままで大丈夫なの?」と尋ねる場面も存在する。ニックの答えは「ひっくり返そう、舌が喉に詰まってしまう」。

エレメンタルズとステルス・スーツ

なぜニック・フューリーがピーターの前に姿を現したのか。その理由は、ヨーロッパ各地に現れていると思しき謎のクリーチャーだ。大暴れして建物を破壊する巨大な岩のような生物、タワー・ブリッジ上空に轟く雷鳴、爆発とともに姿を見せる炎をまとった人物、“水の都”ベネチアに登場する水の生物……。

実はこれらの脅威については、2018年12月の時点で「エレメンタルズ」と呼ばれる自然にまつわるクリーチャーであることが明かされている。『スパイダーマン』シリーズのファンならばサンドマンやハイドロマンといった有名ヴィランを想起するビジュアルが今回の映像では特徴的だが、実は「エレメンタルズ」なるチームはコミックの世界にも存在し、1974年刊行の「Supernatural Thrillers #8」で初登場。紀元前3,500年以前に地球に神として現れ、帝国を支配していた生命体という設定だ。

コミックにおいて「エレメンタルズ」を構成しているのは、炎を生み出すリーダーのヘルファイア、水を操る能力を持つハイドロン、土や岩石を操作するマグナム、そして空気を扱うことであらゆる影響をもたらすゼファーの4人。これらのキャラクターがそのまま『ファー・フロム・ホーム』に登場するかは不明だが、すでに能力の設定は共通している。名前を含めて、製作陣がこのチームを参照した可能性は非常に高いだろう。

そしてエレメンタルズと戦うために、スパイダーマンも新たなスーツを身につけることになる模様。日本版特報映像の1分20秒ごろに登場するのは、全身黒づくめの「ステルス・スーツ」だ。コミックにおいて、ピーター・パーカーとは別のユニバースで活躍しているスパイダーマン・ノワールにオマージュを捧げたかのようなデザインとなっている。こちらも気になるのは、誰が作ったスーツで、なぜピーターはこのスーツに身を包まなければならないのかということだ。
ちなみにスパイダーマン・ノワールは、アニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(3月8日公開)に登場。新スーツのデザインをより味わうために、それぞれのデザインを見比べるのもきっと楽しいはず。

金髪の女性エージェントはマリア・ヒル

ミステリオはヒーローか、それともヴィランか

クリーチャーの攻撃によって破壊された街に、ジェイク・ギレンホール演じるミステリオがいよいよ姿を見せる。ピーターのクラスメイトいわく「アイアンマンとソーを足した感じ」のスーツを着て現れたミステリオは、コミックでもおなじみの“金魚鉢&マント”のコスチュームで、緑色の雲のようなものに乗って水のクリーチャーと激闘を繰り広げるのだ。

コミックにおいて、クエンティン・ベック/ミステリオは1964年に初登場したキャラクター。映画の特殊効果のスペシャリストという設定で、その技術と才能を犯罪やスパイダーマンとの対決に注ぎ込む人気ヴィランだ。しかし2018年12月に明かされた情報によると、『ファー・フロム・ホーム』のミステリオは「良いヤツ」で、スパイダーマンと共闘する関係にあるという。

演じるジェイクによれば、ミステリオはエレメンタルズを「きちんと理解している唯一の存在」で、ニック・フューリーに助けを求められて戦いに臨むことになるという。「親愛なる隣人、スパイダーマンとタッグを組むんですが、そのことによってピーターは、残念ながら“親愛なる隣人、スパイダーマン”という以上の存在になるんです」。

これらの情報を整理すると、『ファー・フロム・ホーム』のミステリオは、地球上の脅威である「エレメンタルズ」を理解している人物であり、それゆえにスパイダーマンやニック・フューリーとともに活躍する、いうなれば“ヒーロー”としてのキャラクターということになる。

しかしながら、“なぜ本作にミステリオを登場させることにしたのか”という疑問は当然生じることになる。たとえば、コミックの「特殊効果のスペシャリスト」という設定は本作でいかにアップデートされているのだろうか。
たとえばコミックのファンならば、実はミステリオがすべての黒幕で、本当はエレメンタルズを操っているのだという展開は簡単に想像がつくところであろう。しかしヴィランだったにせよ、予告編でみられる能力は「特殊効果でスパイダーマンや人々を欺く」というレベルを超越している。もし本当にヒーローだったにせよ、雲に乗って空を飛ぶことは特殊効果によってできる代物ではない(少なくとも観客が納得できるリアリティではない)。コミックの設定やストーリーを現代に、そして映画というメディアに置き換えることを成功させ続けてきたマーベル・スタジオは、この人気ヴィランをどのように扱うことにしたのだろうか。

もっとも、その点についての心配はおそらく無用だろう。ジェイクはミステリオというキャラクターの設定やストーリーについて、このように語っているのである。

「ミステリオという役柄は、オファーをもらった時からすごくオリジナルなものでした。彼は何者なのか、なぜ登場するのか、ということが非常に独創的かつスペシャルだったんです。」

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年7月5日に米国公開予定

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/

Source: Marvel

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly