アニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』ニコラス・ケイジの出演が確定 ― スパイダーハムほか追加キャラクター発表

米ソニー・ピクチャーズ製作のアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年日本公開)に、以前から出演の可能性が報じられていた俳優ニコラス・ケイジの登場が正式に決定した。
2018年7月20日(米国時間)、ポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con 2018」に本作のキャスト・スタッフが登場。新たに登場するキャラクターが追加発表されたほか、会場限定の新映像もお披露目されたという。

『スパイダーマン:スパイダーバース』は異なる次元に存在する多数のスパイダーマンが登場する物語。以前公開された予告編では先鋭的なアニメーション表現が話題を呼んだが、詳しいプロットは明かされていない。主人公は“2代目スパイダーマン”のマイルズ・モラレス。そのほか、グウェン・ステイシー/スパイダーグウェンや中年になったピーター・パーカー/スパイダーマンといった人気キャラクターが揃い踏みする。

本作でニコラス・ケイジが声優を務めるのは、“多数のスパイダーマン”の一人であるスパイダーマン・ノワール。「アース90214」と呼ばれる並行世界に存在するキャラクターで、本名はピーター・パーカーだが、世界恐慌下のニューヨークで活躍するややダークなヒーローだ。

そのほか登場が発表されたのは、パワードスーツで戦う少女ペニ・パーカー/“SP//Ddr”と、ピーター・ポーカー/スパイダーハム。後者は名前の通りブタのような姿をした、長い歴史とファンからの人気を誇るキャラクターである。そのオリジンはいささかややこしく、放射能を帯びたブタのメイ・ポーカーに噛まれたクモという設定。ブタがクモの能力を手に入れたのではなく、クモがブタのようになってしまったのだ……。
どちらのキャラクターも原案とみられるコミック「スパイダーバース」シリーズ(邦訳版はヴィレッジブックス刊)に登場しているので、気になった方は今のうちにぜひご一読いただきたい。

 

また、このたびソニー・ピクチャーズの米公式Twitterでは、マイルズ・モラレスとグウェン・ステイシー、ピーター・パーカーの新ビジュアルも公開されている。

本作で主人公マイルズ・モラレスを演じるのは、ドラマ「ゲットダウン」(2016-2017)の新鋭シャメイク・ムーア。グウェン・ステイシー役には『トランスフォーマー』のスピンオフ映画『バンブルビー』(2019)に抜擢されたヘイリー・スタインフェルド、ピーター・パーカー役には『ジュラシック・ワールド』(2015)ロウェリー役のジェイク・ジョンソンが起用された。新たに発表されたペニ・パーカー役はドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(2014-)のキミコ・グレン、スパイダーハム役はコメディアンとして活躍するジョン・ムラニーが演じる。
そのほか、マイルズの叔父アーロン・デイヴィス役には『ムーンライト』(2016)のマハーシャラ・アリ、父親ジェファーソン・デイヴィス役にはドラマ「アトランタ」(2016-)のブライアン・タイリー・ヘンリーが配された。

なお、監督を務めるのは『リトルプリンス 星の王子さまと私』(2015)の脚本に携わったボブ・パーシケッティ、『22ジャンプ・ストリート』(2014)を執筆したロドニー・ロスマン、『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』(2012)のピーター・ラムジーの3人。プロデュース&脚本は『LEGO(R) ムービー』(2014)のフィル・ロード&クリス・ミラーが手がけ、共同脚本は「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」(2012-2016)や映画『名探偵ピカチュウ(原題:Detective Pikachu)』のアレックス・ハーシュが務める。

アニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は2019年ロードショー

『スパイダーマン:スパイダーバース』公式サイト:http://www.spider-verse.jp/

Sources: Variety, ComicBook.com, Sony Pictures

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。