Menu
(0)

Search

ディズニー実写版『白雪姫』主演決定 ─『シャザム』続編や、リメイク『ウエスト・サイド物語』にも出演の新鋭

レイチェル・ゼグラー
Photo by Miniwheats2017 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Rachel_Zegler_1.jpg | Remixed by THE RIVER

鏡よ鏡よ、世界で一番美しいのは誰?

ディズニーによる『白雪姫(原題:Snow White)』実写版映画の主演が決定した。米Deadlineによると、このたび白雪姫役を演じることになったのは、レイチェル・ゼグラー。DCコミックスによる現在撮影中の映画『Shazam! Fury of the Gods(原題)』や、スティーブン・スピルバーグの再映画化作品『West Side Story(原題)』にも出演している、世界がいま最も注目する新進気鋭の女優のひとりである。

この投稿をInstagramで見る

rachel zegler(@rachelzegler)がシェアした投稿

監督を務めるのは、マーク・ウェブ。『(500)日のサマー』(2009)をはじめ、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや『gifted/ギフテッド 』(2017)などで知られる逸材だ。マーク・ウェブ監督はこのたびの発表に際して、「レイチェルの並外れた歌唱力は、彼女の才能のほんのひとつに過ぎません。彼女の持つ強さや知性、そして楽観性は、このディズニーによるおとぎ話を再構築するために必要不可欠な要素となるでしょう」と称賛している。

音楽を担当するのは、『ラ・ラ・ランド』(2017)『グレイテスト・ショーマン』(2017)のベンジ・パセクとジャスティン・ポール。新たに書き下ろされた楽曲と共に実写版が蘇る。製作は『メリー・ポピンズ リターンズ』(2019)『アラジン』(2019)などのマーク・プラットだ。撮影は、2022年内に開始するとのことだ。

『白雪姫』といえば白雪姫のほか、彼女に毒りんごを渡して殺害しようとする女王の存在も大きいだろう。白雪姫の継母・女王であり、邪悪な魔女役を演じるのは一体誰になるのか……?

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly