Menu
(0)

Search

ザック・スナイダー新SF『Rebel Moon』Netflixで始動 ─ 黒澤明風『スター・ウォーズ』企画が形変え実現

ザック・スナイダー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28487603362/

『マン・オブ・スティール』(2013)などのザック・スナイダー監督が、Netflixで新たな大作SFファンタジー映画『Rebel Moon』を手がけることが明らかになった。スナイダーは監督、製作、共同脚本を手がける。Netflixとは『アーミー・オブ・ザ・デッド』(2021)からの連続タッグだ。米The Hollywood Reporterが報じている。

物語は、銀河の辺境の平和なコロニーがバリサリウスという暴君の軍隊に侵略されるところから始まる。絶望した人々は、謎の過去を持つ若き女性を送り出し、近隣の惑星から戦士をかき集め立ち上がるという内容だ。スナイダーは本作が巨大なIP(知的財産)になると嬉しいと話しているから、シリーズ化、フランチャイズ化も視野に入れていると見られる。

実はこの企画、ザック・スナイダーが過去に『スター・ウォーズ』のために構想していたものだ。スナイダーは2012年頃、黒澤明監督の『七人の侍』にインスパイアされた『スター・ウォーズ』映画企画をルーカスフィルムに持ち込んでいたと伝えられている。結局、ディズニーのルーカスフィルム買収などの事情で実現しなかったが、その後もスナイダーは企画を温めていた。2021年5月のポッドキャスト番組では、「スター・ウォーズの世界からは離れて、自分のためのSFとして取り組んできている」「僕の中の11歳の部分が、まだ作りたがっている」と話していた。

実際のところ、スナイダーは『アーミー・オブ・ザ・デッド』製作と同時に本企画の練り直しを行っていたようだ。『アーミー・オブ・ザ・デッド』からも、脚本のシェイ・ハッテンが参加。ほか、スナイダーの代表作『300 〈スリーハンドレッド〉』(2006)脚本のカート・ジョンスタッドも参加する。スナイダーの妻で映画プロデューサーのデボラ・スナイダーも加わる。

僕は黒澤明ファン、そしてスター・ウォーズファンとして育ちました。SFや偉大なアドベンチャーへの僕の愛が詰まっています」とスナイダー監督。製作は2022年初頭にも開始する見込みで、これがスナイダーにとって次回監督作となる。「ずっと取り組んできた企画です。かなり長い間」ともコメントしているが、ルーカスフィルムに打診してから実に10年越しの実現となるのだから、感慨深いものがあるはずだ。

あわせて読みたい

Source:The Hollywood Reporter

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly