Menu
(0)

Search

『ラ・ラ・ランド』劇中舞台、まさかのコメディ舞台化でニューヨーク進出!「ドラッグをキメたミア」暴れる

© 2017 So Long Boulder City ( https://www.solongbouldercity.com/ )

2016~2017年に全世界で話題となった映画ラ・ラ・ランドの劇中に登場する舞台、『さらば、ボールダーシティ(So Long, Boulder City)』がコメディ作品として現実に舞台化され、ついにニューヨークのオフ・ブロードウェイへと進出することがわかった。

注意

この記事には、映画『ラ・ラ・ランド』のネタバレが含まれています。

© 2017 So Long Boulder City ( https://www.solongbouldercity.com/ )

もしもミアがドラッグをキメていたら……

デイミアン・チャゼル監督作品『ラ・ラ・ランド』の劇中で、女優を目指すミア・ドーラン(エマ・ストーン)は一念発起して自らが脚本を執筆し、一人芝居『さらば、ボールダーシティ』を上演する。しかし本番の日に観客はほとんど集まらず、作品の評判は最悪、恋人であるセブ(ライアン・ゴズリング)ですら劇場を訪れることはなかったのだ。ただし、この舞台を観ていたという映画プロデューサーがミアの存在に注目し、それをきっかけに彼女はスターへの道を歩み始めることになる……。

現実の舞台版『さらば、ボールダーシティ』は、このストーリーをもとに、コメディアンのジミー・フォーリーが脚本&出演を務めた“パロディ作品”だ。映画の中ではほとんど描かれないミアの一人芝居を約60分のフルバージョンで上演するという趣向で、共同脚本と演出は同じくコメディアンのジョーダン・ブラックが担当した。この作品を製作するに至ったきっかけを、ジミーはこう述べている。

「映画を観て、すごく混乱しましたね。ほとんど誰も観てない散々な評価のショーが、彼女のスゴいキャリアの始まりになるんです。“ごめん、それってどんなショーだったの?”って思いましたよ。」

ジミーはTwitterに「もしも『ラ・ラ・ランド』の一人芝居のフルバージョンを書いたら、みんな見に来てくれる?」投稿。これを皮切りに、彼は『ラ・ラ・ランド』を「嫌になるほど」見返しながら、現実の舞台版『さらば、ボールダーシティ』を執筆したのだという。しかしコメディアンのコンビが作り直すわけである、もちろん素直に舞台化されるわけがなかった……。

CREDIT: DAVE DECARO ( http://variety.com/2017/legit/news/so-long-boulder-city-la-la-land-off-broadway-1202602189/ )

「笑い転げながら書いた」とジミーが語る本作では、どうやらミアの過去が少女時代から(勝手に)描かれ、その過程でドラッグ依存や過食症に陥っていることが示唆される内容になっているという。夢見る女優の卵やハリウッドの内幕を思いっきり風刺するストーリーを、失敗した舞台照明や長すぎる衣装替えといった「いかにもダメなステージ演出」で笑わせながら見せたというのだ。

このパロディ舞台版『さらば、ボールダーシティ』は2017年7・8月にロサンゼルスで上演され、7月の公演では発売後72時間でチケットがすべて売り切れてしまうほどの注目作となった。しかも上演後には現地メディアや批評家からまさかの絶賛を受けており、こうした成果から2017年12月~2018年1月にニューヨークのオフ・ブロードウェイで上演されることが決まったのである。

ちなみに本作は、ジミーにとって初めてニューヨークで上演する作品となる。7月のロサンゼルス公演に先がけては「笑いが止まりませんよ。まるで現実じゃない、11人の友達と言っていただけのジョークなのに」と述べていた彼にも、『さらば、ボールダーシティ』から出発したミアよろしく大ブレイクへの道が開かれつつあるのかもしれない。

『ラ・ラ・ランド』の劇中でミアが作った舞台がどんな内容だったのか、気になっていたファンはきっと少なくないだろう。パロディ舞台とはいえ、この『さらば、ボールダーシティ』を観ればストーリーの“空白”が埋められるというわけだ。なんとか一度観てみたい……!

舞台『さらば、ボールダーシティ』ニューヨーク公演 公式ウェブサイト(英語)

Sources: http://variety.com/2017/legit/news/so-long-boulder-city-la-la-land-off-broadway-1202602189/
https://www.huffingtonpost.com/entry/emma-stone-jimmy-fowlie-show_us_595fac49e4b0d5b458e9fb24
http://extratv.com/2017/07/09/emma-stones-la-la-land-one-woman-show-gets-a-drag-makeover/
http://www.laweekly.com/arts/emma-stones-ill-fated-one-woman-show-in-la-la-land-now-has-a-drag-parody-8464038
http://variety.com/2017/legit/reviews/so-long-boulder-city-review-la-la-land-jimmy-fowlie-1202503169/
Eyecatch Image: © 2017 So Long Boulder City ( https://www.solongbouldercity.com/ )

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly