Menu
(0)

Search

スティーブン・ソダーバーグ監督最新作、デヴィッド・ハーバー&ベニチオ・デル・トロ&ノア・ジュプなど豪華俳優陣が集結

デヴィッド・ハーバー、ベニチオ・デル・トロ、ノア・ジュプ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48471767236/ | Red Carpet Report on Mingle Media TV https://www.flickr.com/photos/minglemediatv/14529012339/ | John Bauld https://commons.wikimedia.org/wiki/File:TIFF_2019_Noah_Jupe_(48712204537).jpg | Remixed by THE RIVER

スティーブン・ソダーバーグ監督、ドン・チードル出演作『No Sudden Move(原題、旧題:Kill Switch)』が米HBO Maxにて製作中だ。この度、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)のデヴィッド・ハーバー、『ボーダーライン』シリーズのベニチオ・デル・トロ『ハニーボーイ』(2019)のノア・ジュプなど豪華俳優陣が出演者として追加発表された。以前、出演交渉中とされていたジョン・ハムの名前も確認済み。米Varietyなど複数のメディアが報じている。

『No Sudden Move』は、1955年のアメリカ・デトロイトを舞台にしたクライム・スリラー。何者かに一時的に雇われた犯罪者集団は、雇い主からの依頼である書類を盗む為に任務に繰り出すことになる。しかし、次第に計画は思わぬ方向に展開。破綻した計画を前に犯罪者集団は、「一体誰に雇われたのか」「目的は一体何なのか」と捜査を開始する。やがて犯罪者集団は、人種や急速に変化する都市の問題を掻い潜っていくことに……。

今回発表された出演者には、『ハムナプトラ』シリーズのブレンダン・フレイザー、『グッド・フェローズ』(1990)レイ・リオッタ、『プレデター』(1987)ビル・デューク、『ペット・セメタリー』(2019)エイミー・サイメッツ、「サクセッション」(2018-)キーラン・カルキン、『ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜』(2017)フランキー・ショウ、『アンカット・ダイヤモンド』(2019)ジュリア・フォックスなどが名を連ねている。なお以前には、ジョージ・クルーニー、セバスチャン・スタン、ジョシュ・ブローリンが出演予定とも報じられていたが、現在は企画から離脱している模様だ。

本作は、新型コロナウイルスの影響で2020年5月に製作が一時休止された。現在は安全ガイドラインを遵守した上で、本作の舞台でもあるアメリカ・デトロイトで撮影が開始されているとのことだ。

あわせて読みたい

Source: Variety , Deadline 

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly