『ハン・ソロ:スター・ウォーズ・ストーリー』初の予告編映像、米スーパーボウルでの解禁が濃厚か ─ 米報道

待望作の予告編映像が、ようやくお目見えとなりそうだ。

『ハン・ソロ:スター・ウォーズ・ストーリー』の初の予告映像が、米現地時間2018年2月4日午後6:30頃より開催の第52回スーパーボウルにて初解禁される可能性が高まった。The Hollywood Reporterが業界関係者からの情報として改めて伝えている。第52回スーパーボウルは、日本時間2月5日月曜日の午前8:30よりスタートとなるため、5日の昼頃までには明らかになるだろう。

『ハン・ソロ』は、全米では2018年5月25日(日本では6月29日)に封切りを控えながら、未だ予告編映像の類を含むプロモーション活動が見られなかった。この理由についてThe Hollywood Reporterは、「12月公開の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』劇場上映の大部分が終了するまであえて避けてきたのでは」との意見を紹介している。

ハン・ソロのミレニアム・ファルコンがハイパースペースのジャンプ先座標にセットしたと見られる米スーパーボウルとは、米国随一の視聴率を誇る最大のスポーツイベントで、各企業はこぞってCM放送権を買い付ける。その価格は30秒のスポット映像にして500万ドル(およそ5.4億円)というから、どれほどの注目度かが窺い知れよう。

この日確実視されるCM情報としては、ユニバーサル・ピクチャーズが『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(7月13日公開)、およびドウェイン・ジョンソン主演のアクション映画『スカイスクレイパー(原題:Skyscraper)』。パラマウント・ピクチャーズからは『ミッション:インポッシブル フォールアウト(原題:Mission: Impossible – Fallout)』、俳優・監督・脚本家として活動するジョン・クラシンスキーによるスリラー映画『ア・クワイエット・プレイス(原題:A Quiet Place)』の映像がお披露目予定だ。

ディズニーは30秒・45秒のスポット映像を放送するとされるが、仮に『ハン・ソロ』映像が解禁された場合、もう一枠でお披露目されるのは『ブラックパンサー』(3月1日公開)か、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)か、あるいは『ア・リンクル・イン・タイム(原題:A Wrinkle in Time)』や『インクレディブル・ファミリー』(8月1日公開)か…。いずれにせよ、30秒・45秒の尺はフル予告編にしては短いもの。”特報映像”的な扱いであることを予測すれば、どの作品となるかの検討はおよそつきそうでもある。

『ハン・ソロ:スター・ウォーズ・ストーリー』は、若き日のハン・ソロをアルデン・エーレンライクが、ランド・カルリジアンをドナルド・グローバーが演じる。『スター・ウォーズ』の語られざるエピソードを描く『スター・ウォーズ・ストーリー』第二弾。暗く危険な裏社会の奥深くで、大胆かつ突飛な行動を重ねる中、ハン・ソロは未来の強力な副操縦士であるチューバッカと出会い、悪名高いギャンブラーのランド・カルリジアンと遭遇する。監督は『ビューティ・フル・マインド』(2001)や『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)のロン・ハワード。日本公開は2018年6月29日。

Source:https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/solo-a-star-wars-story-kickoff-marketing-super-bowl-1080683

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。