【特集】若くて頑固なチューバッカ、恋に落ちる ― 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は「ラブストーリー」?

若きハン・ソロの活躍を描く「スター・ウォーズ」スピンオフ映画の第2弾『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』には、ハン・ソロやランド・カルリジアンとともに、おなじみのキャラクターがもうひとり登場する。シリーズを通してハン・ソロの相棒を務めてきた、ウーキーのチューバッカ(チューイ)だ。本作の見どころは、ハン・ソロとチューイの出会いや関係性がいかに描かれるかという点にもある。

『ハン・ソロ』でチューバッカを演じるのは、『フォースの覚醒』(2015)でピーター・メイヒューの後任者として一部シーンの演技を務め、『最後のジェダイ』(2017)で正式に後継者として役柄を受け継いだヨーナス・スオタモ。1986年生まれの元バスケットボール選手で、チューバッカ役が初めての俳優業となった彼は、ピーターと一週間におよぶ「チューイ・ブートキャンプ」を経て撮影に臨んだという。

ヨーナス・スオタモ、若くて頑固なチューバッカに

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の脚本を執筆したのは、『帝国の逆襲』(1980)や『ジェダイの帰還』(1983)、『フォースの覚醒』(2015)を手がけた重鎮ローレンス・カスダンと息子のジョン・カスダン。これまでのサーガでハンとチューイの関係に特別な思い入れを抱いてきたというローレンスは、『ハン・ソロ』について「これは二人のラブストーリーです」と断言する。そして、チューバッカを演じるヨーナスも「いろんな意味でラブストーリーだと言えますね」と同意するのだ。

「いろんな面でラブストーリーだと言えますね。二人の間には強いつながりがあるんです。優れたスペース・トラベラーが二人で任務に取り組むのを、ほかの言葉で表現するのは難しいですよ。僕がうれしいのは、この映画では(人物の)エモーショナルなストーリーと、二人が恋に落ちるまでの大冒険がちゃんと融合していることです。」

本作に登場するのは、『最後のジェダイ』に登場した際よりも約50歳若い、およそ190歳のチューバッカ。しかしヨーナスは、少し若返ったチューイのキャラクターを「頑固者」だと表現。ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクも、ハンとチューイの共通点を「すごく頑固なところ」だと述べている。そして、「この厳しい世界で、出会った人を信頼するのは簡単なことではありません」とも……。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のチューバッカ © 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

では、そうした中でハンとチューバッカはいかにして心を通わせ、よく知られた相棒関係に到達するのか。若くて頑固なチューバッカは、どのような変化を遂げていくのだろうか。
ヨーナスは「この映画ではチューバッカのかわいくないところ、ドライなところを見ていただけると思います」と話しつつ、チューバッカの背景や冒険についてこう語っている。

「物語が始まる時点で、チューバッカは厳しい局面にある。極限の状況で登場するんですよ。(今回は)アクションがいっぱいの冒険に挑んで、それが彼を強くしていきます。チューバッカの若さを表現する選択肢はいくつもあったと思いますが、なによりも僕は、彼がものすごい戦士であるところを見せたいと思いました。」

 

しかしそれゆえに、『ハン・ソロ』撮影では『最後のジェダイ』よりも要求されるものが多かったという。いろんな気候条件下で撮影ができるよう、チューバッカのスーツは5~6種類用意され、ヨーナスはスーツを着替えながら演技に挑んだそうだ。特に大変だったのはアクションシーンだったそうで……。

「スーツの中から(周りは)良く見えるんですが、身長を7フィート6インチ(約228センチ)にするために、小さなヒールみたいなものを履かなきゃいけなくて。僕は6フィート10インチ(約208センチ)なので。だから(アクションは)難しくて、何回もちょっとしたケガをしましたね。大きいケガはなかったんですが、何日か休まなきゃいけなくなったこともありました。」

ピーター・メイヒューの後継者として、おそらく今後も長らくチューバッカを演じていくであろうヨーナスは、3度目の演技で、とあるコツを掴んだようだ。

「スーツの中はとても暑いんです。10時間の撮影で監督が求めるものを表現するには、ただ落ち着いていることが大切ですね。カメラが回るたび、毎回の撮影が挑戦ですよ。」

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日より全国の映画館にて公開中

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』公式サイト:https://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html

Sources: EW(1, 2, 3), USA Today

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。