Menu
(0)

Search

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』米国最速感想が到着 ― 新機軸、ノンストップの冒険映画に?出演者へ絶賛の声集まる

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の盛り上がりも冷めやらぬ中、米国では次の“お祭り”が少しずつ近づいている。2018年5月10日(米国時間)、「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画第2弾ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーのワールド・プレミアが開催され、現地からは作品の感想が次々に到着している。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)以来の「アナザー・ストーリー」となる本作は、若き日のハン・ソロの冒険を描いた一本。主演はオールデン・エアエンライク、監督は名匠ロン・ハワードが務めた。フィル・ロード&クリス・ミラー監督が本撮影の後半に降板した事件が記憶に新しいが、このたび無事にお披露目となったわけである。

注意この記事には、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタバレと捉えうる内容が含まれています。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

全編ノンストップ、「スター・ウォーズ」の新機軸

さすがは「スター・ウォーズ」というべきだろう。『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』には、早くも数多くの声が寄せられている。映画史に残る巨大シリーズは現在でもなおファンを増やし続けているわけだが、本作もその新しいきっかけになりそうだ。まず感想の中で目立つのは、純粋に「楽しい」という言葉である。

ジャーメイン・ルシアー氏(GIZMODO)
「『ハン・ソロ』はとっても楽しい。予想以上にエモーショナルなノンストップ・アドベンチャーです。全編ずっと笑顔で観ることになるでしょうし、もっと観たいと思わせてくれますよ。」

スティーブン・ワインストローブ氏(Collider)
「なぜディズニー・スタジオが(全米)公開の2週間前に『ハン・ソロ』を見せたいと思ったのかがわかりました。良い映画でなければならないし、確かにそうなったからなんです。すごく楽しい、スター・ウォーズ・ユニバースに歓迎される一本でした。ロン・ハワードの素晴らしい仕事を祝福したいと思います。特にアクションシーンが傑出していて、まさしく最高の、実に見事な演出でした。オールデン・エアエンライクはハン・ソロとして完璧なキャスティングですし、信じてほしいんですが、出演者全員が素晴らしかった。」

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly