【特集】夢追う若者ハン・ソロ、銀河の裏社会と対峙する ― 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が見せる過去

映画『ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー』(2016)に次ぐ、「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画第2弾『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、ハリソン・フォードが演じたハン・ソロの“若き日の冒険”を描く作品だ。
私たちの愛するハン・ソロはいかにして生まれたのか、どんな過去があったのか。本記事では、主人公ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクらの言葉から、ハン・ソロの新たな――しかしおそらく一番最初の――大冒険について紐解いていきたい。

夢を追う若者、ハン・ソロ


『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』でメガホンを取った名匠ロン・ハワード監督は、本作を「ノワール西部劇」だと形容。その主人公として冒険に飛び込んでいくハン・ソロについては、「裏社会で名を上げたがっている、苦しい生活を送る少年です。ただし、彼自身の良識がそれを引き止めるんですよ」と話した。米Entertainment Weekly誌のインタビューにて、若きハン・ソロ役のオールデンも監督の言葉に同意する。

「(この映画は)若い男が、辛い生い立ちから抜け出すために夢を追いかけるストーリーだと思います。彼は夢を叶えようとして、それが想像よりもはるかに厳しいことを知るんです。」

この映画において、ハン・ソロという男は、ハリソンが演じたハン・ソロではない。まだ成熟していない、周囲に抵抗する“青二才”なのだ。オールデンは本作の魅力について、「スター・ウォーズ・ユニバースにおける真の裏社会が舞台であるところが、この映画の面白いところ。それこそがハン・ソロという人物を形づくっていくんです」と話す。

「この映画のハン・ソロが(ハリソンが演じたハン・ソロと)大きく違うのは、より理想主義者だというところ。彼には追いかけている夢があって、それが彼にどんな影響を与えるのかを知ることになるわけです。夢が新たな現実にぶつかるんですよ。想像していたよりも厳しく、困難な現実に。」

ハン・ソロが追っているという夢について、もちろんオールデンは詳細を明かしていない。しかし、それは「自立すること、自分のことを自分が決めることに繋がっている」のだとか……。

「スター・ウォーズの世界で生きていくのは大変なことです。特に帝国の統治下にあって、多くの人々は軍隊や、そういったものに支配されている。自分のことを自分で決める、自分がしたいことをする、自由を手にする、それだけの資産と安定は簡単に得られないんですよ。つまり彼の夢は、そういうものの実現に関係しているんです。」

 

真の自立をめぐる冒険の中で、ハン・ソロはチューバッカやランド・カルリジアン、キーラ、新ドロイドのL3-37、師匠となるトビアス・ベケット、そして裏社会の権力者ドライデン・ヴォスらに出会っていく。誰が味方で誰が敵なのか、オールデンによれば「それこそハン・ソロが物語を通して見極めていくこと」なのだとか。夢を追う青年が、いかに“あのハン・ソロ”になっていくのか、その経緯が見どころであることは間違いないだろう。オールデンは、脚本を執筆したローレンス&ジョン・カスダンに賛辞を送る。

「(ローレンス&ジョン・)カスダンはスゴい仕事をしていますよ。時間を遡ることで、(ハン・ソロに)どんな背景があるのか、それが誰もが知るキャラクターにどう繋がっているのかを作り上げているんです。」

ローレンス・カスダンといえば、『エピソード5/帝国の逆襲』(1980)や『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)、そして『フォースの覚醒』(2015)を執筆したシリーズの重鎮だ。彼はハン・ソロというキャラクターの魅力について、1977年にジョージ・ルーカスが描いた姿を参照しながらこのように語っている。

「若いころ、初めてカンティーナにいるハン・ソロを見て、すぐに刺激を受けました。私にとって、彼は映画全体を高めてくれる存在でしたね。これまで常に愛してきたキャラクターです。無鉄砲で、ひねくれていて、誰のことも信じていない。ちょっとバカで、そこも大好きですよ(笑)。やっちゃいけないことをして、収拾がつかなくなってしまうんです。ジョージ・ルーカスが撮った(『新たなる希望』の)カンティーナのシーンには、そういうところが見えますよね。」

 

オールデン・エアエンライク

オールデン・エアエンライク

Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/28945423348/

1989年生まれのオールデン・エアエンライクは、デビュー以来超有名監督とのコラボレーションを続けている、極めて異色の経歴を持つ俳優だ。そもそも自身の撮影した映像をスティーブン・スピルバーグが見る機会があり、それがデビューのきっかけになったという時点で驚きなのだが、長編映画デビュー作がフランシス・フォード・コッポラ監督の『テトロ 過去を殺した男』(2009)だったこと、同監督の『Virginia/ヴァージニア』(2011)に出演したのち、パク・チャヌク監督『イノセント・ガーデン』(2013)、ウディ・アレン監督『ブルージャスミン』(2013)、そしてコーエン兄弟監督『ヘイル、シーザー!』(2016)と、メインキャストにせよサブキャストにせよ、着実にキャリアを前進させてきたのである。

そんなオールデンにとって、本作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は初めてのハリウッド大作映画であり、そしてハン・ソロという超人気キャラクターを“襲名”する一本となった。ファンの間では賛否の分かれたキャスティングとなったが、ワールド・プレミア後にはその演技を高く評価する声が集まっている。新たな才能による新たなハン・ソロ、決してお見逃しのないように。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日より全国の映画館にて公開中

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』公式サイト:https://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html

Sources: EW, CBR
© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。