Menu
(0)

Search

破壊王マイケル・ベイ製作のパンデミックスリラー『ソングバード』10月7日公開決定 ─ COVID-19が突然変異、舞台は到死率56%の2024年

『ソングバード』
© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 

“ハリウッドの破壊王”マイケル・ベイがプロデュースした戦慄のパンデミック・スリラー『SONGBIRD』が邦題を『ソングバード』として、2022年10月7日(金)より日本公開されることが決定した。ポスタービジュアルもあわせて到着している。

本作は、到死率56%、死者数1億1千万人を超えた2024年の世界を舞台にしたパンデミックスリラー。新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るう中、逆境を逆手に取り、リアルな緊迫感を伴った都市空間ロサンゼルスで撮影された。未曾有のパンデミックの真っ最中に、現在の状況がさらに悪化した未来を描くスリリングな試み。撮影ではiPhoneやGoPro、監視用カメラなどが多用された。

監督は、『悪魔の椅子』(2007)『ハングマン』(2015)などを手掛けるアダム・メイソン。「リバーデイル」(2017-)『君といた108日』(2020)のKJ・アパ、『ディセンダント』シリーズのソフィア・カーソンら新進気鋭の若手と、ブラッドリー・ウィットフォード&デミ・ムーアといったベテランが集結し、この時期にしか撮ることが出来ないスケール感溢れる作品を作り上げた。

ポスタービジュアルは、灰色の背景に鳥のシルエットが中央に大きく配され、その中に緊迫感伝わる各キャストの表情が見て取れる。それぞれ違ったカラーが入り混じった印象的なデザインの仕上がりだ。さらに「2024年、世界はゴーストタウン化し、人々は接触を禁止された。」というコピーも並び、近い未来に我々人類が直面するかもしれない世界の様相が示唆されている。

『ソングバード』
© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ソングバード』は、2022年10月7日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly