Menu
(0)

Search

『ソニック・ザ・ムービー』再デザイン版ソニック、ファンの好評に監督が安堵 ─ 「これからが本番」

ソニック・ザ・ムービー

2019年11月12日、大人気ゲーム「ソニック」シリーズをハリウッドが実写映画化した『ソニック・ザ・ムービー』の最新予告映像とポスタービジュアルが公開され、大幅に再デザインされたソニックの姿がお披露目となった。このたび、監督のジェフ・ファウラーがファンからのポジティブな反応に安堵のコメントを発している。

もともとは2019年12月公開予定だった『ソニック・ザ・ムービー』では、当初はゲームでおなじみのデザインではなく、現実世界になじませる“リアル路線”のデザインでソニックが造形されていた。しかし本国で予告編が公開されるや、そのデザインにファンからの批判が殺到。公開の延期が決定され、異例の再デザイン&全編作り直しを経ての再出発となっていたのである。


「『ソニック』ファンのみなさん、この24時間の声をありがとうございます…ものすごい反応をいただきました(そして、これからが本番です)。」

もともとファウラー監督は、『ソニック・ザ・ムービー』の予告編が初めて公開された際、ファンからのバッシングにもいち早く対応してきた人物だ。「ご支援、ご批判をありがとうございます」「キャラクターをベストに描くべく全力を尽くします…」とのメッセージののち、公開延期が正式に決まった際には「ソニックの修正にもう少しお時間をください」とも記していたのである。

ソニック・ザ・ムービー
2019 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ソニックの再デザインによるCGスタッフの涙ぐましい努力は想像するに余りあるが、矢面に立ち、大幅な再コントロールを実践したファウラー監督の労もねぎらいたいところ。なにしろ『名探偵ピカチュウ』(2019)のロブ・レターマン監督は『ソニック』チームの状況を想像して「自分だったらやりたくないです」とさえ言っていたのだ。本作公開の暁には、ぜひ劇場に足を運ぶことにしよう。

映画『ソニック・ザ・ムービー』は2020年3月27日(金)全国ロードショー。今度こそ「ノープロブレム!」。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly