Menu
(0)

Search

クリステン・スチュワート演じるダイアナ妃が公開 ─ チャールズ皇太子との生活破綻、未来を決める3日間

Spencer
https://twitter.com/neonrated/status/1354428951842721793

新作映画『スペンサー(原題:Spencer)』より、『トワイライト』シリーズや『チャーリーズ・エンジェル』などで知られるクリステン・スチュワートが扮するダイアナ妃のファーストルックが公開された。

本作は1990年代初頭を舞台に、イギリス・サンドリンガムで過ごしたクリスマスの3日間を描く物語となる。ダイアナ妃とチャールズ王太子は1981年に結婚し、ウィリアム、ヘンリーという2人の息子をもうけた。しかし、のちに結婚生活は破綻。2人は1996年に離婚した。本作では、ダイアナが夫との関係を解消し、いずれ女王になるという進路を外れることを決断するまでの様子が描かれる。

舞台が1990年代初頭であるため、このたび公開されたのは30代前半のダイアナ妃と考えられる。チャールズ皇太子との関係が変化していく中で、ダイアナ妃がどのような心境を抱いているのか、この写真からは察し難いが、その表情とどこか遠くを見据えたような目から察するに、一筋縄ではいかないであろう未来について思い悩んでいるのだろうか。Netflixオリジナルシリーズ「ザ・クラウン」(2016-)シーズン4でエマ・コリン演じる若き日のダイアナ妃とはまた違う、哀愁も漂わせている。

ファーストルックの公開とあわせて、新キャストに『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)サリー・ホーキンス、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)ショーン・ハリス、『ターナー、光に愛を求めて』(2014)ティモシー・スポールの3名が加わったと、米Deadlineが伝えている。現在ドイツにて撮影が実施されており、今後は英国に移る予定だという。

監督は『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(2016)のパブロ・ラライン。脚本は『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』(2013)のスティーヴン・ナイトが執筆する。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly