海外ファンも大注目!アメコミ界のトップヒロイン『スパイダーグウェン』美少女スタチュー待望の発売

これは先週の日曜日、本当にあった出来事です。

筆者が10歳の息子を塾の夏期講習へ送っていき、授業が終わり迎えに行くまでの空き時間、一週間のうちの唯一といっていいフリータイムにいそいそと秋葉原へで出掛けていき、楽しくUSトイの掘り出し物探し(トイビズ時代のマーベルレジェンド)にショップを巡り、KOTOBUKIYA秋葉原館に立ち寄ったときのこと。

4階の海外作品コーナーでレッドフードのフィギュアなぞを眺めていると、フロアの奥の方で、何やら外国人の方と店員が揉めている様子。見たところその外国の方は年のころは35歳前後くらいの痩せ形長身の白人男性。口ひげとあごひげを胸のあたりまで伸ばし、両腕に見事なタトゥーがびっしり入った、ドラマ「プリズンブレイク」に登場するティーバッグみたいな容姿の人でした。

そのちょっとヤバそうな男性が、ショーケースの商品を指さしながら店員さんに何事か訴えているのです。しかし、対応している店員さんが英語があまり得意でないらしくロストイントランスレーションしてましたので、ちょっとティーバッグにビビりつつ、筆者がお節介にも仲裁に入ったところ、要するにティーバッグは、今回ご紹介するKOTOBUKIYAさんの、マーベル美少女シリーズのスパイダーグウェンの発売日が、公式アナウンスでは8月となっているが、まだ発売されていないのか?ということを聞きたかったらしいのです。

それを店員さんに伝えると、「8月末ということ以外は、まだわからない」との回答でした。で、再びそれをティーバッグに伝えてその場は収まりそうだったのですが、店員さんが持ち場に戻った後、ティーバッグが「Damn!」(ちくしょう!)と悔しそうにうなだれてしまったので詳しく事情を聞くと、彼は、KOTOBUKIYAさんの海外向けfacebookページで、この商品の存在を知り、故郷イリノイ州から日本旅行の最大の楽しみの一つとしてゲットしに参ったと、旅程はあと数日で、8月末日までは到底いられないと、半べそかいてしまっていました。深入りすると、なんか筆者が購入してEMSで送れとかめんどくさい話になりそうでしたので、「残念だったねえ」って感じにフェードアウトしたのですが、そんな海外のコワモテギークをも虜にしたアイテムの存在は深く印象に残りました。

そんなわけで今回ご紹介するのは、USトイ好きからすると、ちょっとベクトルが違うかな?でも新たな扉が開いちゃうかも?というKOTOBUKIYAさんが提案する新機軸。アメコミの女性キャラクターに日本的美少女アニメ解釈を施した人気シリーズ「BISHOUJO STATUE」から、今月末発売予定のスパイダーグウェンです。

 

そもそのこのスパイダーグウェン、近年のアメコミ界でも一、二を争う人気ヒロインです。御存知ない方に説明しますと、以前別項でご紹介したマーベルコミックスの無数にある並行世界から様々なバリエーションのスパイダーマンが登場する「Spider-verse」というクロスオーバーイベントの中で初登場したキャラクターで、「もし、ピーター・パーカーではなく、グウェン・ステイシーが蜘蛛に噛まれていたら」というif世界のキャラクターです。

このスパイダーグウェン、登場するやいなや、あっという間に個人誌連載が決まるなど、大人気を獲得してしまいました。人気のバックボーンにはもちろん、スパイダーマンの絶大なる認知度があるのですが、そのスパイダーマンのメインストーリーライン「アメイジング・スパイダーマン」やジェフ・ローブの「スパイダーマン/ブルー」等で事あるごとに触れられている通り、ピーターにとってグウェン・ステイシーの死は、事あるごとに顔を出すトラウマになっており、移り気に見えるMJとは対照的に、ピーターへの愛を貫いて命を落としてしまったグウェンはファンにとっても忘れがたい女性です。その人気はその死が描かれてから何年たっても衰えぬものがあります。そして、並行世界の話であってもグウェンが生存して、しかもなんだかとってもデザイン(特にカラーリング)がよろしいスパイダーウーマンになって元気でやっているという設定は、スパイディファンにとって心のどこかで望んでいた、とても嬉しいものでした。

MARVEL美少女 MARVEL UNIVERSE スパイダー グウェン 1/10スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

gwen-face

http://www.kotobukiya.co.jp/kikakugai/kikakugai-68194/

このKOTOBUKIYAさんのスパイダーグウェンスタチュー、マスクを被った状態と、山下しゅんや氏が描き下ろしたデザイン画を基に原型製作されたアニメデフォルメされたヘッドと二種付属します。躍動感あるスタイルは摩天楼を自在に駆け回るスパイダーグウェンならでは。特筆すべきは個人的に斜めにカットされた台座のデザイン、そのまま飾っても大変絵になるかと。定価は税抜7800円!現在予約受付中で、おそらく筆者の見たてでは、発売開始後あっという間に売り切れて価格が高騰しますので、気になる方は早めのゲットをお勧めします。

【コレクター直伝】映画フィギュアの賢い集め方ノウハウ ~HOTTOYS編~

About the author

1977年生まれ。スターウォーズと同い歳。集めまくったアメトイを死んだ時に一緒に燃やすと嫁に宣告され、1日でもいいから奴より長く生きたいと願う今日この頃。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。