Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』新たな3部作映画が製作の意向、トム・ホランド続投の見込み ─ ソニー・ピクチャーズ側が認める

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2019 MARVEL.

米ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオが、さらなる3作の『スパイダーマン』映画を製作する意向であることが明らかになった。トム・ホランドが主演を続投する見込みだ。

『スパイダーマン』シリーズは、2021年12月米公開の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』をもって完結、主演のトム・ホランドらの契約も満了するものとされており、今後の予定は白紙となっていた。ところがシリーズのプロデューサーでありソニー・ピクチャーズ元会長のエイミー・パスカルが、さらなる3部作を製作する意向を米Fandangoに語っている。

パスカルは米Fandangoが「マーベル・スタジオと協業した3部作が今回で終わりますが……」と言いかけたところ、「それについて一言いいかしら?」と自ら話題を切り出している。「マーベルと一緒に作る映画は、これが最後ではありません。最後のスパイダーマン映画にはしませんよ。トム・ホランドやマーベルとともに、次なるスパイダーマン映画を作る準備をしています。これまで3部作として考えてきましたが、次もまた3作にするつもりです。今回が我々最後のMCU映画にはなりません」。

Deadlineはこの情報についてソニーとディズニーの両社へ裏取り確認を行なったが、コメントは得られなかったという。「両社はこの頃、良好な関係だというが、現時点で3部作に関する確認は取れてない」とDeadlineは補足しつつ、「『スパイダーマン』を走らせ続けるのなら、ホランドやゼンデイヤ、そしてジョン・ワッツ監督との再契約も必要だろう」と加えている。

少なくとも現時点で確かなことは、ソニー側はマーベルとの協業継続に乗り気だ、ということらしい。Fandangoのインタビューでパスカルは「MCUと繋がらないトム・ホランド版スパイダーマン映画はありえるか」と尋ねられると、「(マーベル・スタジオと)一緒に映画を作り続けたいです」と返答、引き続きの共同製作への意欲を示している。

なおパスカルの認識によると、現在のスパイダーマン映画作品は3つのユニバースに分けられているようだ。一つは「マーベル・ユニバース」で、次に「スパイダーバース」。そして「ソニー・キャラクターが入る別のユニバース」があり、こちらに『ヴェノム』や『モービウス』が属すると見られる。

ソニー・ピクチャーズでの長年の仕事で知られるパスカルはこのインタビューで、彼女ならではのスパイダーマン観を語ってもいる。「皆さんの人生の中で、歳によってスパイダーマンって違ってきますよね?子どもの頃にはこういう存在で、でも中高年になってくるとまた違った存在に、もっと歳を取ると、またまた違う存在になる」とパスカル。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では3世代に及ぶスパイダーマン映画のキャラクターが集結することになるが、「今作で、皆さんがそんなことを見つけてくれたら嬉しい。今作は誰もが楽しめるもので、幅広いお客様を惹き付けると思います」と願っている。

Source:Fandango,Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly