Menu
(0)

Search

ライミ版『スパイダーマン』サントラ、初のレコード化 ─ 公開20周年記念、ダニー・エルフマンの名曲を改めて楽しもう

スパイダーマン
MOTION PICTURE (C)2002 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. SPIDER-MAN CHARACTER TM AND (C)2002 MARVEL CHARACTERS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

大いなる映画には、大いなる音楽が伴う。サム・ライミ版『スパイダーマン』(2002)の劇伴スコアを収めたサウンドトラックが、映画公開20周年を祝して初のヴァイナル・レコード化だ。2022年12月2日米発売予定で、プレオーダー受付が開始されている。

ダニー・エルフマン作曲の『スパイダーマン』サウンドトラックは、ニューヨークの摩天楼を舞うスパイダーマンのスイング姿を思い浮かばせるような雄大な楽曲が魅力。ホラー畑出身のサム・ライミ監督による蜘蛛がテーマのヒーロー映画として、どこかおどろおどろしさもありつつ、青春物語としてのほろ苦さや切なさもバランスよく調合されている。

ライミ版『スパイダーマン』は3作が製作されることとなったが、メインタイトルは全作通じてこのシリーズを象徴する名曲となった。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)では、トビー・マグワイア版ピーター・パーカーの登場場面でこのメインタイトルをオマージュ。往年のファンの耳に、過去作の思い出をたちまち蘇らせた。

初のレコード版は、ソフトタッチ光沢仕様の折り畳みジャケットに両面ポスター、劇中写真を添えて登場。通常盤に加え、レコードに加工を施したシルバー・エディション、ゴールド・エディションもラインナップ。これらの2種は各5000枚限定でシリアルナンバー付きだ。

なお同サウンドトラックは、Apple MusicやSpotify、amazon musicなど各プラットフォームでも楽しめる。仕事や勉強のお供にいかが?

Source:SME

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly