日本の若手監督、M・ナイト・シャマラン監督に挑む ─ 『スプリット』に挑戦する10分の短編映画が公開に

2017年10月6日にブルーレイ&DVDが発売となるM・ナイト・シャマラン監督最新作『スプリット』のインスパイア・ショートフィルムが公開された。岐阜県出身の注目の若手映画監督、堀江貴大が、『シックス・センス』(1999)の鬼才に「挑戦状」の形で撮り下ろした。

ジェームズ・マカヴォイ主演の話題作『スプリット』は、女子高生 3 人を、23 人の人格を持つ男が誘拐し監禁する密室スリラー。シャマランらしい恐怖と緊張と興奮が入り混じるス トーリーで、全米 3 週連続 No.1 を記録し、世界興収は 2 億 7500 万ドル(約306億円)超えを記録。日本でも大ヒットした。

M・ナイト・シャマラン監督 © 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.

M・ナイト・シャマラン監督
© 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.

この衝撃作に日本から10分間の挑戦状が登場した。文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト 2015」や「SKIP シティ国際 D シネマ映画祭 2016」「第 16 回 TAMA NEW WAVE コンペティション」など数々の映画祭・コンペティションで注目を集める若き才能、堀江貴大が『スプリット』にインスパイアされて製作したショートフィルム「MANICURE」を公開。

堀江貴大監督

堀江貴大監督

川村(松澤 匠)はアパートに帰宅するやいなや、神経質そうに入念なうがいをし、爪に残っ たマニキュアを必死にこそげ落としている。その夜、部屋で食卓を囲む家族3人の会話がどこ かおかしい。「お前だけの体じゃない。」「もう交代はさせない。」激しく言い争う中、意識が遠のいていく。朝、目覚めた川村は服を着替え颯爽と出かけていく…。

「僕は言うなればシャマラニストです」──崇拝する映画監督に挑んだ本企画を「恐れ多い」と謙遜する堀江は、シャマランに惹かれる理由を「フィクションの力を信じているからだと思います」と語る。

「その信念が観ている側にビシバシ伝わってくる。シャマランは僕に映画の力を信じることを教えてくれた永遠のホームランバッター。そんなシャマランが実在の人物を題材にした新作映画『スプリット』を観て、やはりシャマランはシャマランでした。とんでもないフィクションの映画。『スプリット』を見て、シャマランへの、そして映画への愛がまた深まった。」

ショートフィルム「MANICURE」は、下記URLより視聴可能。
http://nbcuni-cp.jp/split-movie/

映画『スプリット』は、10月6日(金)ブルーレイ&DVDリリース。

About the author

THE RIVER編集部が選りすぐりの情報をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。