Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あの人、「◯◯◯や◯◯と仕事を続けたい」と熱望

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

この記事には、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の重大なネタバレが含まれています。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

アンドリュー・ガーフィールド、また共演したい?

アメイジング・スパイダーマン』シリーズの主演で知られ、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にスパイダーマン/ピーター・パーカー役で復帰したアンドリュー・ガーフィールド。再びスーパーヒーローを演じた彼が米ポッドキャスト番組「Happy Sad Confused」のインタビューで、MCU版スパイダーマンのトム・ホランド、サム・ライミ版のトビー・マグワイアと再び一緒に仕事をしたいと展望を語っている。

ぜひ、トビーとトムと一緒に仕事を続けたいですね。あのような3兄弟のダイナミズムは……、何というか美味しいですよね。

ファンにとって涙もののコメントを発したガーフィールドは、本作でスパイダーマン役にカムバックしただけでなく、MCUに初参加を果たしたことにもなる。しかも、『ノー・ウェイ・ホーム』ではマルチバースが開いたため、スパイダーマンとしてガーフィールドの新たな扉も開いたことに。その点について質問されたガーフィールドが答えている。

「正直なところ、この映画(『ノー・ウェイ・ホーム』)に参加できて本当に幸せで満足していますし、感謝していると言うつもりです。今はこれ以上、望むことは難しいですね。ファンや観客と一緒にこの瞬間を味わおうとしているだけで、“ありがとう”と言いたいです。ただ、その反響を謙虚な気持ちで感謝しています。」

今のところ、ガーフィールドは未来のことを先走って考えるよりも、『ノー・ウェイ・ホーム』への出演と映画の成功、ホランドやマグワイアとの共演を祝し、余韻に浸りたい気分のようだ。

なお、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズは第3作が予定され、シニスター・シックスのスピンオフ計画もあったが諸々の事情により実現に至らなかった。よって、今後もガーフィールドがスパイダーマン役でMCU作品に登場すれば、違う形で同シリーズのレガシーが続いていくことになるが、果たして……?

あわせて読みたい

Source:Happy Sad Confused

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly