Menu
(0)

Search

ジェームズ・ガン版『スーサイド・スクワッド』ハーレイ・クイン役マーゴット・ロビーが出演確定 ─ キャスト24人発表、マイケル・ルーカー&ショーン・ガン参戦

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督によるDC映画『ザ・スーサイド・スクワッド(原題:The Suicide Squad)』の主な出演者が、監督のTwitterアカウントにて発表された。このたび、デヴィッド・エアー監督による前作『スーサイド・スクワッド』(2016)から、ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビーの出演が確定。マーゴットの続投について、確かな情報が得られたのは今回の公式発表が初めてとなる。

「好きになりすぎないで(Don’t get too attached.)」とのコメントが添えられた今回のアナウンスでは、以前から出演の報じられていた顔ぶれが正式に発表されている。『マイティ・ソー』シリーズや『パシフィック・リム』(2013)のイドリス・エルバ、『バンブルビー』(2018)のジョン・シナ、『アントマン』シリーズのデヴィッド・ダストマルチャン、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)監督のタイカ・ワイティティ、「ドクター・フー」12代目ドクター役のピーター・カパルディ、『スーパー!』(2010)などガン監督作品常連のネイサン・フィリオン&スティーヴ・アジー、「ボクらを見る目」(2019)のストーム・リード、新鋭女優ダニエラ・メルシオールだ。

また既報の通り、デヴィッド・エアー監督による『スーサイド・スクワッド』からは、マーゴットのほか、キャプテン・ブーメラン役のジェイ・コートニー、アマンダ・ウォラー役のヴィオラ・デイヴィスが続投。出演の有無について諸説あった、リック・フラッグ大佐役のジョエル・キナマンが再び登場することも判明した。

そして、このたび新たに判明した出演者のうち、目玉となるのがマイケル・ルーカーショーン・ガンだ。ガン監督作品の常連であるルーカー、そしてガン監督の弟であるショーンの2人は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのヨンドゥ&クラグリン役で愛されている。ルーカーは過去にキング・シャーク役での出演交渉報道を否定していたが、果たして役柄はどうなるのか。『ガーディアンズ~』ファンにとっては再共演シーンがあるのかどうかもポイントだろう。

マイケル・ルーカー、ショーン・ガン(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)インタビュー
©THE RIVER

そのほか『ザ・スーサイド・スクワッド』への出演が新たに告知されたのは、『アイ・アム・レジェンド』(2007)『エリジウム』(2013)アリシー・ブラガ、「GOOD BEHAVIOR/グッド・ビヘイビア」(2016-2017)ファン・ディエゴ・ボト、「ナルコス:メキシコ編」(2018-)ホアキン・コシオ、人気コメディアンのピート・ダビッドソン、YouTube出身のDJ&俳優であるフルーラ・ボーグ、アクション女優&格闘家のメイリン・ング、主にテレビドラマで活動する女優ティナシェ・カジェセ&男優ジュリオ・ルイス、そしてガン監督のパートナーであり『ブライトバーン』(2019年11月15日公開)にも出演しているジェニファー・ホランドだ。

ガン監督によれば、すでに出演者が集った脚本の読み合わせは終了しているとのこと。なおワーナー・ブラザースは、撮影が今月(2019年9月)から始まることを認めている。それにしても、このたび判明した出演者は実に総勢24人。誰が物語の中心を担い、誰がカメオ出演程度の出番にとどまるのかということも気になるばかりだ。ガン監督が紡ぎ出す“悪党集団”の世界に期待しよう。

映画『ザ・スーサイド・スクワッド(邦題未定、原題:The Suicide Squad)』は2021年8月6日に米国公開予定。前作『スーサイド・スクワッド』ブルーレイ&DVDは発売中だ。ただし、前作と本作がどのような関係性にあるのかはいまだ明らかになっていない。

あわせて読みたい

Source: James Gunn

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly