Menu
(0)

Search

ゲーム『スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ』新トレーラー映像が公開

スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ
SUICIDE SQUAD KILL THE JUSTICE LEAGUE software © 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by Rocksteady Studios. SUICIDE SQUAD, JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements © & TM DC. WARNER BROS. GAMES LOGO, WB SHIELD: TM & © Warner Bros. Entertainment Inc. (s20)

DCコミックス発、スーサイド・スクワッドの新作ゲームスーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグより、新たなトレーラー映像が公開された。

舞台はオープンワールドのメトロポリス。ハーレイ・クインデッドショットキャプテン・ブーメラン、そしてキング・シャークらスーサイド・スクワッドが、世界で最も偉大なヒーローであるジャスティス・リーグを殺し(キル・ザ・ジャスティス・リーグ)、地球を救うという実行不可能なミッションに挑む。頭部に爆弾を埋め込まれたヴィランたちは、共に手を組み、アマンダ・ウォラーによる悪名高い“タスク・フォースX”のメンバーとして困難な命令を遂行しなければならないのだ。

公開された映像は、いかにもスーサイド・スクワッドらしいというべきだろうカオティックな仕上がりだ。スーパーマンやフラッシュ、グリーン・ランタン、さらにはペンギンといったコミックの人気キャラクターが登場するだけでなく、バットマンのマークやワンダーウーマンと思しきキャラクターも確認できるほか、思い切りのいいバイオレンス描写も見て取れる。ジェームズ・ガン監督『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)に負けないハイテンションぶりに期待したい。

既報によると、プレイアブルキャラクターはハーレイ・クイン、デッドショット、キャプテン・ブーメラン、キング・シャーク。プレイヤーはキャラクターを自由に切り替えて一人でプレイすることも、友達とチームを組んで協力マルチプレイをすることもできる。開発は「バットマン:アーカム」シリーズのRocksteady Studios。キャラクター重視のストーリーと、唯一無二のサードパーソンシューティングアクションが融合すると伝えられていた

ゲーム『スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ』はPlayStation®5 / Xbox Series X向けに2022年発売予定。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly