Menu
(0)

Search

『スター・トレック』宇宙艦隊で一番「どうでもいい」船の物語、新作コメディアニメが日本配信決定

Star Trek: Lower Decks
©CBS Television Studios

スター・トレック』の新作アニメシリーズ「スター・トレック:ロワー・デックス(原題:Star Trek: Lower Decks)」が、日本でも2021年1月22日より配信となることがわかった。Amazon PrimeVideoでの独占配信となる。

「スター・トレック:ロワー・デックス」は2380年の宇宙を舞台とする、“宇宙艦隊で一番どうでもいい船”であるU.S.S.セアリトス号のサポート・クルーたちの物語。少尉のマリナー、ボイムラー、ラザフォード、テンディの4人は、いかにもSF的な出来事に脅かされながらも、なんとか自分の責任を果たし、社会生活を送ろうとする……。「誰も行ったことのない場所にはほとんど行かない」(Rarely Going Where No One Has Gone Before)というキャッチコピーも秀逸だ。第1シーズンは1話30分の全10話構成で、米国では2020年8月6日よりBS局の配信サービス「CBS All Access」にて配信されていた。

原案・脚本・製作総指揮はアニメ「リック・アンド・モーティ」(2013-)のマイク・マクマハン。長年にわたる『スター・トレック』ファンで、SNSに「新スター・トレック」(1987-1994)の“フェイク・シーズン”のあらすじを投稿したところ、製作陣の目に留まり、実在しない第8シーズンのガイドブックを公式に執筆した経歴の持ち主だ。製作総指揮には「スター・トレック:ディスカバリー」(2017-)「スター・トレック:ピカード」(2020-)のアレックス・カーツマンらが名を連ねている。

クリント・イーストウッド特集

声優陣には、マリナー役でNetflixドラマ「スペース・フォース」(2020)のタウニー・ニューサム、ボイムラー役で『ランペイジ 巨獣大乱闘』(2018)のジャック・クエイド、テンディ役で「マスター・オブ・ゼロ」(2015-2017)のノエル・ウェルズ、ラザフォード役で『運び屋』(2018)のユージン・コルデロら、映画・ドラマで活躍する顔ぶれが揃った。

アニメ「スター・トレック:ロワー・デックス(原題:Star Trek: Lower Decks)」は2021年1月22日(金)Amazon Prime Video独占配信。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly