Menu
(0)

Search

『スター・トレック』宇宙艦隊で一番「どうでもいい」船の物語、新作コメディアニメが日本配信決定

Star Trek: Lower Decks
©CBS Television Studios

スター・トレック』の新作アニメシリーズ「スター・トレック:ロワー・デックス(原題:Star Trek: Lower Decks)」が、日本でも2021年1月22日より配信となることがわかった。Amazon PrimeVideoでの独占配信となる。

「スター・トレック:ロワー・デックス」は2380年の宇宙を舞台とする、“宇宙艦隊で一番どうでもいい船”であるU.S.S.セアリトス号のサポート・クルーたちの物語。少尉のマリナー、ボイムラー、ラザフォード、テンディの4人は、いかにもSF的な出来事に脅かされながらも、なんとか自分の責任を果たし、社会生活を送ろうとする……。「誰も行ったことのない場所にはほとんど行かない」(Rarely Going Where No One Has Gone Before)というキャッチコピーも秀逸だ。第1シーズンは1話30分の全10話構成で、米国では2020年8月6日よりBS局の配信サービス「CBS All Access」にて配信されていた。

原案・脚本・製作総指揮はアニメ「リック・アンド・モーティ」(2013-)のマイク・マクマハン。長年にわたる『スター・トレック』ファンで、SNSに「新スター・トレック」(1987-1994)の“フェイク・シーズン”のあらすじを投稿したところ、製作陣の目に留まり、実在しない第8シーズンのガイドブックを公式に執筆した経歴の持ち主だ。製作総指揮には「スター・トレック:ディスカバリー」(2017-)「スター・トレック:ピカード」(2020-)のアレックス・カーツマンらが名を連ねている。

声優陣には、マリナー役でNetflixドラマ「スペース・フォース」(2020)のタウニー・ニューサム、ボイムラー役で『ランペイジ 巨獣大乱闘』(2018)のジャック・クエイド、テンディ役で「マスター・オブ・ゼロ」(2015-2017)のノエル・ウェルズ、ラザフォード役で『運び屋』(2018)のユージン・コルデロら、映画・ドラマで活躍する顔ぶれが揃った。

アニメ「スター・トレック:ロワー・デックス(原題:Star Trek: Lower Decks)」は2021年1月22日(金)Amazon Prime Video独占配信。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly