Menu
(0)

Search

「ストレンジャー・シングス」の「裏側の世界」、当初は違う呼び名だった ─「次第に定着していった」と監督

ストレンジャー・シングス
Netflix

Netflixシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)に登場する、人々が生きる世界とは違う別次元の“裏側の世界(The Upside Down)”。シリーズ最大の謎である裏側の世界は、ファンであれば誰もが知っている名前だろう。シリーズ最大の謎である裏側の世界については、ファンであれば誰もが知っていることだろう。もっとも初期の構想案では、“裏側の世界”との呼称ではなかったようだ。

2016年からスタートしたシーズン1からシーズン4まで、超能力を持つ少女のイレブンをはじめ、マイク、ウィル、ダスティン、ルーカス、マックスたち子どもたちが、ホーキンスに突如出現した裏側の世界の謎に迫る物語が描かれてきた。シーズン4ではこれまで明かされてこなかった裏側の世界の謎が次々と紐解かれたが、それでも怪物たちが潜む世界の脅威は止まっていない。フィナーレとなるシーズン5では、裏側の世界と表側の世界の最後の戦いが描かれることになりそうだ。

シーズン1第8章のエピソードタイトルにもなっている裏側の世界だが、どうやら製作陣はこの呼び名が定着するとは想像さえしていなかったようだ。こう明かしたのは、シーズン1からエピソード監督を務めており、シリーズのエグゼクティブ・プロデューサーであるショーン・レヴィ。シーズン4のネタバレありのアフターショーに登場した監督は突然、「皆さんは知らないと思いますが、“The Upside Down(裏側の世界)”という呼び名になるはずではなかったんです」としながら、「シーズン1のアウトラインでは、“The Nether(ザ・ネザー)”と呼ばれていました」と証言している

ザ・ネザーとは、私たちの生きる世界と共存する異次元の世界で、一見すると私たちの世界そのもののようですが、とにかく混沌としているんです」と続けるレヴィ。初期の概要で呼ばれていた名称は違ったようだが、その世界観に変更はなさそうだ。

それではなぜ呼び名は変わったのだろうか。そのきっかけはレヴィいわく、「本作のキャラクターが、“The Upside Down(裏側の世界)”と呼んでいて、その呼び名が定着していったんです」とのことだ。シーズン1にてマイクやイレブンたちが口にした言葉が、自然と視聴者や製作陣の中で定着しはじめ、やがて正式な名称となったということだろう。

Netflixシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は独占配信中。

Source:Stranger Things 4 Vol. 2: Unlocked

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly