Menu
(0)

Search

完結間近の『ワイルド・スピード』、テズ役リュダクリスが継続を希望 ─ 「ジュラシック・パークも続いてるし」

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

世界中で絶大な人気を誇るカー・アクション映画ワイルド・スピードシリーズは第11作でファイナルを迎えるが、第2作『ワイルド・スピードX2』(2003)よりテズ役を演じているリュダクリスは「別の未来を望んでいる」と、その胸中を明かしている。

20年近くにわたり、ファミリーに欠かせないメンバーとして活躍してきたリュダクリスは、まだ『ワイルド・スピード』に別れを告げる心の準備が出来ていないようで、米Fatherlyのインタビューでこう語っている。

「素晴らしい物事には終わりがあるよね。僕たちは『Fast X(原題)』を現在撮影していて、これが最終章になるけど、だからといってシリーズが永遠になくなってしまうわけじゃないと思う。ですよね?『ジュラシック・パーク』を見てよ。あれは終わったけど別の形で復活したし、だから『ワイルド・スピード』シリーズが永遠に生き続けることを願っています。いつかキャラクターの子どもたちがシリーズを続けるかもしれないしね。

リュダクリスが例として挙げた『ジュラシック・パーク』シリーズは、『ジュラシック・ワールド』としてリブートされ、その完結編となる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の日本公開(2022年7月29日)が迫っている。最新作にはオリジナル3部作のキャラクター3人が揃ってカムバックしていることから、『ワイルド・スピード』シリーズがリブートされた暁には、リュダクリスをはじめとする本家メンバーの復活が期待できるかもしれない。

なお、本シリーズに関してはシャーリーズ・セロン演じる冷徹なヴィラン、サイファーを主人公にしたスピンオフ企画の浮上が報じられ、スピンオフ映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)の続編や女性キャラクターを描く企画も進行しており、そのユニバースは拡大していく模様。ということは本家シリーズが幕を下ろしても、オリジナル・キャラクターがスピンオフ作品に登場する可能性は十分ありそうだ。

まずは、2023年5月19日に米国公開予定の『Fast X(原題)』に期待したい。

あわせて読みたい

Source:Fatherly

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly