Menu
(0)

Search

『スター・トレック』第4作、メインキャストも復帰知らずに発表されていた

スター・トレック
Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/8675254818/ Remixed by THE RIVER

2022年2月中旬、クリス・パイン主演の『スター・トレック』映画シリーズ第4作が、プロデューサーのJ・J・エイブラムスによって発表された。待望の知らせにファンは心を踊らせたことだろう。その一方で、この突然の発表には驚愕した者たちもいたらしい。揃って復帰すると報じられていた映画のキャストたちだ。

その理由は、米The Hollywood Reporterで明かされている。エイブラムスは米パラマウント社の投資家向けカンファレンスの場で第4作の製作を正式に発表したが、なんと一部のキャストたちはこのことを事前に知らされていなかったのだという。あろうことか、キャストの広報担当者にすら共有されていなかったそうだ。

今回の報道によると、第4作を巡っては正式なゴーサインは出されておらず、制作費も固まっていないとのこと。現在行われている出演者との交渉によって予算額が決まることになるという。カーク船長役のクリス・パインが交渉に入った最初のキャストであると伝えられており、さらにパインはレギュラーキャストを揃って続投させるための「要(linchpin)」と紹介されている。

本作は、2009年の第1作『スター・トレック』、2013年の第2作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』、2016年の第3作『スター・トレック BEYOND』に続くシリーズ第4作。監督には「ワンダヴィジョン」(2021)のマット・シャクマンが抜擢された。脚本は、『カオス・ウォーキング』(2021)リンジー・ビアーと『キャプテン・マーベル』(2019)ジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレットによる草稿を基に、 『アバター2(仮題)』のジョシュ・フリードマンと「ワンダヴィジョン」のキャメロン・スクワイアが執筆する。

撮影は2023年12月22日の米公開を目指して、2022年末までのスタートが見込まれている。とはいえ、メインキャストとの交渉が未締結である今はまだ、不確定情報として見ておくほうがよさそうだ。

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly