Menu
(0)

Search

スティーヴン・キング、「ストレンジャー・シングス」シーズン4に不満? ─ 製作側も反応

スティーヴン・キング
CC BY 3.0 | Porter Square Books https://www.youtube.com/watch?v=3UjQPXQ7TKU

ホラー小説界の巨匠として知られるスティーヴン・キングが、遂に配信開始となった「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)シーズン4に不満を抱いている……?

「ストレンジャー・シングス」シーズン4では、前3シーズンとは異なる配信形式が採用され、Vol.1とVol.2の2部作構成となった。これはコロナ禍の影響による製作遅延が主な原因とされている。一方、シーズン4 Vol.1はNetflixオリジナルシリーズとして史上最大のプレミア週末視聴時間を打ち立てるという大ヒットぶりだ。

そんなシーズン4について“物申した”のがスティーヴン・キング。ホラー/スリラー作品のご意見番として知られるキングは、いつものごとくTwitterで観た感想をシェア。「『ストレンジャー・シングス』の新シーズンは、前3つと同じくらい、もしくは超えてきたくらい良いですね。『キャリー』っぽさもありましたし」と綴っている。絶賛に近いコメントだが、それでは何が不満なのか?キングは感想の後に、こう続けている。

このシーズンはこれで全部?それか、これも2部作に分かれているの?個人的にはイケてないなって。

きっとキングは、他のファンと同じように物語の続きが気になって仕方がないのだろう。この不満は製作側にとっては褒め言葉だ。「ストレンジャー・シングス」は、脚本家チームのTwitterアカウントを通して、キングのコメントにリプライしている。

「スティービーおじさん、ごめんなさい。8話と9話はまだ完成していなくて。できるだけスピードを上げて作業していますからね!楽しんだようで何よりですし、めちゃくちゃ細かい『キャリー』要素にも気づいてもらって嬉しいです」。

ちなみに、やり取りで言及されている『キャリー』とは、1976年に公開されたキングの同名小説を原作としたホラー映画。シーズン4では、第2話『ヴェクナの呪い』のワンシーンで『キャリー』にオマージュが捧げられているのだ。“スティービーおじさん”は余裕で分かったようだが、みんなも気づいたかな?

「ストレンジャー・シングス」シーズン4 Vol.1はNetflixにて配信中。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly