Menu
(0)

Search

シルベスター・スタローン、黒人初のボクシング・ヘビー級王者を描く映画製作へ ─ トランプ米大統領による恩赦に貢献も

右側がジャック・ジョンソン。Public Domain

『ロッキー』シリーズや『エクスペンダブルズ』シリーズなどで知られるアクションスター、シルベスター・スタローンが、黒人初のボクシング・ヘビー級チャンピオン、ジャック・ジョンソンを実写化する映画(正式タイトル不明)の製作を手掛けることが分かった。米国時間2018年5月30日、Varietyなど複数メディアが報じている。スタローンの出演については明らかになっていない。

右側がジャック・ジョンソン。Public Domain

奴隷の子供として1878年に生まれたジャック・ジョンソンは、アフリカ系アメリカ人のボクサーとして活躍した人物だ。現役時代、不道徳な目的で女性を州外へ連れ出すことを禁じる「マン法」に違反したとされ有罪判決を受けている。女性がジョンソンの恋人であったこと、有罪評決を出した陪審員が全員白人だったことなどから長らくこの判決は人種差別的で不当であると議論されており、2018年4月にはジョンソンの恩赦に向けスタローンがトランプ米大統領を説得。同年5月には恩赦が与えられ、セレモニーにはスタローンも立ち会った

スタローンは現在『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)の続編映画『クリード2(仮題)』(2018年11月米国公開予定)の撮影に入っている。ほか、2018年9月には『ランボー5』の、2019年初旬には『エクスペンダブルズ』最新作の撮影も控えるなど、休むことない活動を続けている。『クリード チャンプを継ぐ男』では製作に名を連ね、『エクスペンダブルズ』(2010)では監督を務めるなど映画製作者としても活躍するスタローン。自身が恩赦に関わった今作でも、その手腕を発揮することに期待したい。

ジャック・ジョンソンの実写化映画(正式タイトル不明)の公開時期やキャスティングについては現在のところ不明。続報を楽しみに待とう。

Source: Variety, Deadline, Twitter

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly