Menu
(0)

Search

故スタン・リー、マーベル作品への登場継続へ ─ マーベル・スタジオ、20年のライセンス契約獲得

スタン・リー
©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を擁する米マーベル・スタジオ社が、故スタン・リーの合弁事業を展開するパートナー企業との間で、スタン・リーの肖像権に関する20年のライセンス契約を結んだことがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

2018年に他界したマーベル生みの親スタン・リーは、コミックライターや出版社社長としてだけでなく、マーベル作品のカメオ俳優としても知られ、彼のアクセントの利いたカメオ登場は、ファンの間では一つの名物として親しまれてきた。リーが最後に出演したのは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)。以降、マーベルの映像作品でリーの姿は見られていなかった。しかし、このたびの契約でスタン・リーのカメオ登場が再び可能になる。

報道によると、マーベル・スタジオは合弁事業「Stan Lee Universe」を手掛ける米Genius Brands International社とPOW! Entertainment社の間で、「将来的な映画・テレビ製作、ディズニーのテーマーパークやほか多岐に渡るエクスペリエンスとマーチャンダイズにおいて、リーの名前と肖像を使用するライセンス契約」を締結。契約は2042年まで継続される。

MCUなどの映像作品においてリーの姿を登場させる際には、主に「デジタル技術やアーカイブ映像」がその方法になるとのこと。もっとも、情報筋によると、このたびのライセンス契約が「少なくともファンが知る従来的な方法で映画にリーがカメオ復帰するという道を、必ずしも切り開くものではない」という。

またテーマパーク事業における契約は、「各テーマパークやクルーズライン、パーク内のマーチャンダイズ」において適用。映像事業同様に、リーの名前、声、肖像、サインを使用することが可能となる。なお、VR事業やビデオゲーム事業は契約の対象外になるとのこと。

リーのことを「メンター」として慕うGenius Brands社CEOのアンディ・ヘイワード氏は、このたびの契約について、「彼のレガシーを管理する必要がありました」と語りながら、締結に至った思いを明かした。「観客はスタンを深く敬愛していました。もし敬意が払われているのであれば、(使用は)歓迎します。彼は最愛の人格者です。我々が去った後も、マーベルの本質であり続けるでしょう」。

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly