マーベル重鎮スタン・リー、不整脈で病院へ搬送 ― すでに退院「とても元気です」

マーベル・コミックの重鎮、アメリカン・コミックのレジェンドであるスタン・リーが、不整脈のため病院へ搬送されていたことがわかった。

この情報をいち早く伝えた米TMZによれば、2018年1月31日(現地時間)夜、スタンは不整脈と息切れのため、ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターに運び込まれたという。容態は安定しているということだ。
のちにスタンの代理人は、TMZと米The Hollywood Reporter誌に対してコメントを発表。すでにスタンは回復していること、検査のために数日間の入院となることを知らせている。

スタンは2017年、体調不良を理由にしてコンベンション・イベントへの参加を2件キャンセルしている。詳細は明かされていなかったが、このたび病院へ搬送されたとなると、その病状が心配だ。また2017年7月には妻のジョアン・リー氏が他界しているほか、30万ドルの小切手詐欺の被害に遭い、また2018年に入ってからはセクシャル・ハラスメントの被害を告発される(本人は強く否定)など、プライベートでも心労が多かったものとみられる。

1922年生まれのスタン・リーは、2017年12月に御年95歳となった。マーベル映画へのカメオ出演や、昨年の「東京コミコン2017」でも元気な姿を見せてくれただけに、一刻も早い完全回復を祈るばかりである。

[続報]
この情報が伝えられた直後、スタンがすでに退院していることが米ABC局によって報じられている。同局のインタビューに応じたスタンは、現在の状態について以下のように述べた。

「私がとても元気だということを、みなさんにお伝えしたいと思います。病院で一夜を過ごせたことはすごく良いことでしたし、うれしく思っているんです。きっと、ファンの皆さんにとっても良いことだったでしょう。一晩弱ってしまいましたが、今は元気ですし、また(自分自身と)やりあえるのを楽しみにしているんですよ。」

またスタンは、「ファンの皆さんがいてくれることは最高。どれだけ感謝しているか、言葉にできません」と話しており、再び世界各国のコンベンション・イベントに出席することに意欲を示した。

Sources: http://www.tmz.com/2018/02/01/stan-lee-rushed-to-hospital-shortness-of-breath-irregular-heartbeat/
https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/stan-lee-hospitalized-marvel-legend-doing-well-1081179
http://abc7.com/entertainment/exclusive-stan-lee-says-hes-doing-fine-after-brief-hospital-stay/3020303/

©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。